世界初の性別適合手術を受けた人物を描く実話『リリーのすべて』 彼女を演じ切ったその心の強さに何よりもシビれた

映画『リリーのすべて』感想・レビュー

リリーのすべて

世界で初めて性別適合手術を受けた実在の人物 リリー・エルベ(エディ・レッドメイン)と、彼女の妻であったゲルダ(アリシア・ヴィカンダー)を描いた作品だ。

ぼくは髪が長い。
時々ロングスカートもはく。
中学生の頃、女の子に間違えられるのが快感だと思ったこともある。

もしかしたら人よりその素養を持ち合わせているのかもしれない。
大きなキッカケが訪れていないだけで。

しかし、この作品はその素養の有無関係ナシに胸を打つ。

それは(大小の差はあれど)誰しもが感じたことのある、そうでなくとも 想像すれば感じ取ることのできる人の心の痛みや激しい葛藤を描いていたからだ。

一概には言えないが、今の時代 好きなものを食べ 好きなところに行き 好きな人と過ごし 大抵の好きなことはできる。

すべて自分の心に従っての行いだ。

しかし、心に従っていようとも 自分の夢を追うことが許されない状況に陥ることがあるかもしれない。

大好きな人がいるのに、家柄等によって結ばれることが許されないこともあるかもしれない。

自分の心には確かなものがあるというのに、その心に従って生きることが難しくなる状況がありえる。

それはとてもツラいことだ。

それらがアイナーにとって リリーにとって、自らの性別 肉体だったということだ。

語弊があるかもしれないが、何も特別なことじゃない。
おかしなことでもない。
誰しもが感情移入せざるを得ない痛みや悲しみの理由がそこにはあった。

冒頭、風景が映し出される。
自然の風景。
シーンが切り替わり、その自然の風景を絵にしているアイナーが映し出される。

事前に話の道筋を知っていたからというのもあるが、ただそのままである「自然」をアイナーが描いているとうことに深い意味を感じた。

その心に封じ込められている自分を表現するための代償行為としての絵なのだと。
それだけの想いを絵にぶつけているからこそ、画家としての地位を確立できているのだと。

序盤のアイナーとゲルダのシーンはどれも魅力的だった。
なんてステキな夫婦なんだろうと思えた。

それがあったからこそ、その後の展開で深く心を抉られる。

アイナーの リリーの苦悩はモチロンであるが、彼の 彼女の変化を目の当たりにしていくゲルダの姿も観ていて非常にツラい。

夫が女性になる。
そんなこと カンタンに受け入れられるはずもない。

困惑し 打ちひしがれながらも、それでも向き合おうとするゲルダの愛。
アイナーの心にリリーが眠っていたとはいえ、2人が夫婦として過ごしてきた時間は 愛は 絆は確かなものであったという証拠だ。

彼女からも目が離せなかった。

リリーと同じ類の心の問題を抱える人の方が少ないとは思いますが、彼女の抱える苦痛は 誰しもが持ち得る苦痛と何ら変わることはない。
リリーは観客であるぼくらと同じ人間だ。

劇中、何度も何度も涙した。

リリーを演じたエディ・レッドメインの演技力はモチロンですが、彼女を演じ切ったその心の強さに何よりもシビれた。

ぼくらには想像のできない相当の負荷がかかる演技のはずだ。

どうしてこれでアカデミー主演男優賞を取れなかったのかと疑問にさえ思ってしまう。

ディカプリオに「レヴェナント」に期待が高まるばかりだ。

話が逸れましたが、とても胸を打つ素敵な作品でした。
ストーリー展開には極力触れていないつもりなので、安心して劇場でご覧になってください。

6.8
総合評価:A

リリーのすべて

原題  THE DANISH GIRL
製作年 2015年
製作国 イギリス ドイツ アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 120分

青春
6
6
エロ
6
サスペンス
10
ファンタジー
6

About the author

映画アドバイザー 元俳優 ライター 映画イベントMC。Instagramを中心に最新映画から懐かしの映画まで幅広く紹介。「ファイトクラブ」 「GO」「男はつらいよ」がバイブル。好きな監督はウディ・アレン。お仕事のご依頼はa.safety.pin.storm@gmail.comまでお願い致します。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • oriver_cinema (@oriver_cinema) 2016年3月19日 at 7:40 PM

    世界初の性別適合手術を受けた人物を描く実話『 #リリーのすべて 』 彼女を演じ切ったその心の強さに何よりもシビれた https://t.co/tGqUzWDu66

    Reply
  • ミヤザキタケル (@takeru0720) 2016年3月19日 at 11:03 PM

    世界初の性別適合手術を受けた人物を描く実話『リリーのすべて』 彼女を演じ切ったその心の強さに何よりもシビれた | oriver.cinema https://t.co/gw7wcGSFVn

    Reply
  • oriver_cinema (@oriver_cinema) 2016年3月20日 at 10:20 PM

    世界初の性別適合手術を受けた人物を描く実話『 #リリーのすべて 』レビュー 彼女を演じ切ったその心の強さに何よりもシビれた
    https://t.co/tGqUzWDu66

    Reply