Menu
(0)

Search

『オーメン』前日譚映画『ザ・ファースト・オーメン』製作決定 ─ 『ダークナイト』デヴィッド・S・ゴイヤーがプロデュース

オーメン
© Twentieth Century Fox 写真:ゼータイメージ

1976年に公開されたホラー映画の金字塔『オーメン』の前日譚となる『ザ・ファースト・オーメン(原題:The First Omen)』の製作が発表された。米Deadlineが報じている。

『オーメン』は、悪魔の子“ダミアン”に翻弄される人々の恐怖を描く傑作オカルトホラー。アメリカ人の外交官ロバートは、6月6日午前6時にローマの産院で誕生後に亡くなった我が子の代わりに、同時刻に生まれた男の子を引き取ってダミアンと名づける。ところが、ダミアンが5歳の誕生日を迎えた頃から周囲で不可解な事件が次々と起こりはじめる……。

1978年には続編となる『オーメン2/ダミアン』、1981年にはシリーズ第3弾にして完結編となる『オーメン/最後の闘争』が公開。2006年にはリメイク版となる『オーメン』がリリースされた。同作は、1,000年に一度しか訪れない6が3つ並ぶ日、2006年6月6日に世界同時公開されて話題となった。

20世紀スタジオが製作する『ザ・ファースト・オーメン』の詳細は明かされていないが、メガホンを取るのは、ホラードラマ「Channel ZERO:ブッチャーズ・ブロック」(2018)の全話で監督を務めたアーカシャ・スティーヴンソン。『シン・シティ 復讐の女神』(2014)『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(2016)のティム・スミスが脚本・製作総指揮をを担当し、スティーヴンソンはリライトにも参加する予定。『ダークナイト』3部作で原案・脚本を手がけ、数多くのDC映画に携わるデヴィッド・S・ゴイヤー、『ポラロイド』(2017)のキース・レヴィンがプロデューサーに名を連ねている。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly