ベネディクト・カンバーバッチ版『グリンチ』、映像初公開 ─ 制作は『ミニオンズ』のイルミネーション

ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』シリーズや、『ドクター・ストレンジ』(2017)のベネディクト・カンバーバッチが主人公グリンチの声を担当するアニメ映画グリンチ(原題:Dr. Seuss’ The Grinch)の米国版TVスポット映像が公開された。2018年度冬季オリンピックとのコラボ映像となっている。

『グリンチ』の原作は、アメリカの児童文学「いじわるグリンチのクリスマス」。クリスマスが大嫌いなグリンチが、浮かれた街を台無しにしてやろうと奔走するも、ある出来事をきっかけに心境に変化が訪れる……というストーリーだ。過去にはアニメ化や、2000年にはジム・キャリー主演による実写映画版も。この度のCGアニメ版『グリンチ』はユニバーサル社と『怪盗グルー』シリーズのイルミネーション・エンターテインメント社によって製作される。


映像は、グリンチが部屋でテレビを観ている場面から始まる。外で鳴く鳥が目障りだったのか、ブラインドを閉めるグリンチ。テレビには、オリンピックでフィギュアスケート選手が氷上を華麗に滑っている姿が映されている。次の瞬間グリンチはスケートリンクに立っており、クリスティーナ・アギレラの名曲「Beautiful」にのせ、ノリノリで演技を始める。愛犬マックスに顔を舐められ、現実の世界に戻ってきたところで映像は終わる。

 

『グリンチ』は、ミュージック・ビデオを多く手掛けてきたピート・キャンデランドと、『ペット』(2016)のヤーロー・チニーが共同でメガホンを取る。脚本を手掛けるのは『Mr.&Mrs. スパイ』(2016)のマイケル・レシューと『SING/シング』(2016)のクリス・メレダンドリだ。キャストは現在のところベネディクト・カンバーバッチ以外に発表されておらず、他に誰が声の出演を果たすのかが気になるところだ。また、この度の映像ではベネディクトの声はまだ聞こえない。

アニメーション映画『グリンチ(原題:Dr. Seuss’ The Grinch)』は、2018年11月9日より米国公開予定。

(文:まだい)

Source: https://www.cinemablend.com/news/2309442/the-first-grinch-footage-ties-into-the-winter-olympics
http://variety.com/2016/film/news/grinch-remake-release-delayed-2018-1201790869/
Eyecatch Image:https://youtu.be/2mNMvz85NG8

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。