もし日独がアメリカの支配権を2分していたら?フィリップ・K・ディック『高い城の男』原作のドラマ『THE MAN IN THE HIGHT CASTLE』に注目

とてつもなくお久しぶりなマリアです。
最近Kindleを買ったので(1年前)読書にふける毎日を過ごしていますが、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

たった今しがた言わずと知れた名SF作家ディックの小説『高い城の男』を読み終わりました。

フィリップ・K・ディックって誰?

SF好きの読者の皆様なら100%知らない方はまさかいないとは思いますが、82年公開ハリソン・フォード主演の映画SF映画の金字塔『ブレードランナー』の原作者です。アメリカ人です。彼の代表作って?全てです。

さてそれではそんな高名な彼の作品群の中でも一際異彩を放っているこの作品に焦点を当てましょう。

高い城の男

1962年に書かれた「もし第二次世界大戦で枢軸国が勝利し、アメリカを支配していたら?」という歴史改変小説。ヒューゴー賞長編小説部門を1963年受賞したこちらの作品。ヒューゴー賞といえばSFファンタジー作品に送られる賞『エンダーのゲーム』『ハリポタ炎のゴブレット』など映画化された作品も多々あります。

この物語の舞台の大部分は日本によって支配されたサンフランシスコ。骨董品売りのアメリカ人ロバート、日本人官僚の田上、工場で働くユダヤ人フランク、そして中立州であるコロラドに住むフランクの妻ジュリアナ、主にこの4人の視点で物語は描かれ…。

皆さんおそらく旬の映画の軽快かつ独創的なレビューを読みに来たはずなのに、何故こんな小説の説明を受けているのか、読書会に来たんじゃないぞ!と憤っている方がいらっしゃるかと。申し遅れました。今回の記事、ドラマのお話です。

http://www.rogerebert.com/demanders/amazon-premieres-most-challenging-drama-yet-in-the-man-in-the-high-castle

http://www.rogerebert.com/demanders/amazon-premieres-most-challenging-drama-yet-in-the-man-in-the-high-castle

『高い城の男』原作のドラマ『The man in the HIGHT CASTLE』

2015年アメリカ制作、amazon primeにて公開されたこちらのドラマ。制作総指揮なんとリドリー・スコット!監督名を聞くだけで興味が湧いてきたあなた、後悔はさせません!

原作との相違点

設定、お話の大筋は小説と同じです。しかし小説からの変更点ももちろんしばしば。

一番強く感じた点は、小説では支配国である日本とドイツの描かれ方が日本は支配国ではあるが温和で平和、ドイツはナチスそのもの。対してドラマの初回数話は日本も随分と冷たく書かれているように見えます。また舞台が小説はほぼ全てサンフランシスコのみなのに対し、ドラマは西海岸、東海岸とアメリカ中を行ったり来たり。キャラクターもよりミステリアスに描かれています。小説よりも更に入り組んだストーリー展開。小説を読んだことのある人でも、ドラマオリジナルシーンが多々あるため退屈はしません。

実は私はドラマを夏頃に見てから原作を読んだのですが、思い起こすことドラマの印象、映像茶色!

枢軸国支配の世界はロケットこそ飛んでいますが、全体的にレトロな世界観。小説ではその辺をさらっと描写していたので私はカラフルな映像を想像したのですが、それを視覚的にドラマで見ると映像が茶色いです。洋服も建物もくすんでおります。唯一の例外はドイツ人。映像白!ゲルマン人とその他を色彩から表現した結果なのか?というのが私の見解です。ノスタルジックな街並み、好きです。

また小説では登場人物の多くが当たり前のようにして中国の占い易経を常に行います。大きな決断は神託に従って!(朝のラッキー星座占い的な。違うか)

さらに本作の特徴は、小説では当たり前ですが、登場人物がそれぞれ自分の心中を語ってくれる点。あぁ人間よりも人間らしい。

ドラマではモノローグはありません。淡々と彼らの住む世界を見せてくれます。観客の頭の上には?が飛び交います。

そしてその”?”のおかげで次回のお話を早く見たい!という気持ちにさせるのです。さすがアメリカンドラマ。次回へ続く!がうますぎる。この手法の餌食にまんまとはまった私は2日で全話一気見しましたとさ。

シーズン1のラストもまたとっても続きが気になる終わり方。原作をお読みになった方なら、「そこで終わるの!?」と驚くはずです。

そんな気になるドラマ”The Man in the Hight Castle”のシーズン2は2016年12月16日からアメリカamazon primeで配信開始!日本国外にいらっしゃる方、ぜひご覧になってみては?

Eyecatch Image:http://www.themetropolist.com/tv/tv-reviews/review-the-man-in-the-high-castle-season-1-amazon-prime/

About the author

趣味は読書と映画観賞。なのに最近は映画館に行けてない。家に籠りドラマを見ています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。