Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』ドラマ版、音楽は『ブラックパンサー』作曲家が担当 ─ 『ヴェノム』『クリード』手がけた最注目アーティスト

スター・ウォーズ
Photo by Roger Schultz https://www.flickr.com/photos/elaws/3775264842

『スター・ウォーズ』初の実写ドラマシリーズ「ザ・マンダロリアン(邦題未定、原題:The Mandalorian)」の音楽を、『ブラックパンサー』(2018)の作曲を手がけたルドウィグ・ゴランソンが担当することがわかった。米StarWars.comにて正式に発表されている。

ゴランソンは『ブラックパンサー』のほか、『ヴェノム』(2018)や『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)、『クリード 炎の宿敵』(2019年1月11日公開)でも音楽を担当。ハリウッドで今熱い視線を浴びている気鋭の作曲家だ。マーベル映画から『スター・ウォーズ』への進出を経て、今後さらなる活躍が見込まれる。

ブラックパンサー
『ブラックパンサー』©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

今回の告知にあたって、ゴランソンは以下のコメントを発表した。

「『スター・ウォーズ』ユニバースにお招きいただき、これがいかに夢のようで、また慎ましい気持ちになることか、言葉にすることはできません。この機会をくださったジョン・ファヴロー(製作総指揮)とディズニー、そして象徴的かつ大胆な楽曲でハードルをとんでもなく上げてくださったジョン・ウィリアムズに深く感謝いたします――あなたの曲に対抗することは決してできません。
今後数ヶ月、『スター・ウォーズ』の音楽的伝統に敬意を払いながら、『ザ・マンダロリアン』を新たな、まだ見ぬ領域へと推し進めていきます。“試してみる、はない(There is no try.)”という言葉を忘れないように。」

ゴランソンが記した「試してみる、はない」という言葉は、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)でヨーダが口にした「やるかやらないか、だ。試してみる、はない(Do. Or do not. There is no try)」というセリフを引用したもの。『スター・ウォーズ』シリーズの新機軸となる「ザ・マンダロリアン」では、音楽面でどんな可能性が開拓されるかにも注目したい。

ところで『スター・ウォーズ』の実写作品でジョン・ウィリアムズという“伝説”に挑む作曲家は、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のマイケル・ジアッキーノ、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)のジョン・パウエルに続いて今回が3人目。ジアッキーノは49歳、パウエルは54歳で各作品に参加したが、2018年12月現在でゴランソンは34歳が。今回の人選がいかに「抜擢」と呼ぶべきものかがわかるだろう。

なおゴランソンは音楽プロデューサーとしての実力も確かで、俳優ドナルド・グローバーの別名であるチャイルディッシュ・ガンビーノを2010年からプロデュース。2018年に話題となった“This Is America”も手がけた。グローバーは『ハン・ソロ』で若きランド・カルリジアンを演じたため、いよいよ二人とも『スター・ウォーズ』入りを果たすというわけだ。そのほかゴランソンは、チャンス・ザ・ラッパーらの楽曲や、『ブラックパンサー』のサウンドトラックではケンドリック・ラマーとの共同作業にも携わっている。

ドラマ「ザ・マンダロリアン(邦題未定、原題:The Mandalorian)」は、ディズニーの新ストリーミング・サービス「Disney+」にて2019年後半の配信予定。同サービスは日本語にも対応したティザーサイトがすでに公開されている。

Source: StarWars.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly