Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』ジョン・ワッツ監督最新作「ザ・オールド・マン」ディズニープラスで配信決定 ─ 名優ジェフ・ブリッジス主演

ザ・オールドマン~元CIAの葛藤
@ 2022 Disney and its related entities

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)のジョン・ワッツ監督が監督・製作総指揮を務める、ドラマ「ザ・オールド・マン〜元 CIAの葛藤」がDisney+(ディズニープラス)の「スター」にて2022年8月17日(水)より独占配信される。主演・製作総指揮は名優ジェフ・ブリッジス。このたびキービジュアルと予告編映像が公開されている。

本作はアメリカで最も権威あるミステリー作品賞・エドガー賞に輝くトーマス・ペリーのベストセラー小説『老いた男』(ハヤカワ文庫NV)を原作とする全7話構成のアクションスリラー。主人公は30年前にアメリカ政府と対立し、CIAから逃亡して以来、2匹の犬と人知れず生きてきた元CIA工作員のダン・チェイス(ジェフ・ブリッジス)だ。静かに暮らしていたチェイスだが、ある日何者かに狙われたことで名前を変えて再び逃げることになる。チェイスはアフガニスタン紛争中、“憎き野獣”と呼ばれ、手段を選ばぬ男として恐れられた過去があったのだ。

チェイスにさらなる追手が迫るなか、チェイスとの間に複雑な過去を持つFBIの副長官ハロルド・ハーパー(ジョン・リスゴー)は彼を追い詰めるよう指示される。しかし逮捕は当局の予想以上に難航し、ついには特別訓練を受けた特殊部隊までも出動することに。なぜ、チェイスは今になって追われる身となったのか。そして事態の背後に潜むものとは?

主演・製作総指揮は、『アイアンマン』(2008)『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)などで知られ、『クレイジー・ハート』(2009)でアカデミー賞主演男優賞に輝いたジェフ・ブリッジス。彼を追い詰めるFBIのハーパー役は、『猿の惑星:創世記』(2011)ほか数々の出演作と受賞歴を持つジョン・リスゴーが演じた。

第1話と第2話の監督は『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』などのジョン・ワッツが務め、シリーズ全体の製作総指揮も担当。なお、本作は早くもシーズン2の製作が発表されている。

ザ・オールドマン~元CIAの葛藤
@ 2022 Disney and its related entities

ドラマ「ザ・オールド・マン~元 CIAの葛藤」は、2022年8月17日(水)よりディズニープラスの「スター」で独占配信開始。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly