Menu
(0)

Search

『プレデター:ザ・プレイ』最速レビュー、海外記者から絶賛の声相次ぐ ─「ファンが求めるものがある」、オリジナル版級の最高作との声も

プレデター:ザ・プレイ
(C)2022 20th Century Studios

プレデター』シリーズがまもなく帰ってくる。最新作『プレデター:ザ・プレイ』が、ディズニープラス「スター」にて2022年8月5日(金)より独占配信開始だ。

1987年公開の『プレデター』では、アーノルド・シュワルツェネッガー演じる屈強な軍人と、高度な技術を持つ地球外生命体、プレデターとの一騎打ちが描かれた。「ザ・ボーイズ」(2019−)『10クローバーフィールド・レーン』(2016)などのダン・トラクテンバーグがメガホンをとった『ザ・プレイ』は、1作目への原点回帰的な映画になると伝えられている。

プレデター:ザ・プレイ
(C)2022 20th Century Studios
プレデター:ザ・プレイ
(C)2022 20th Century Studios

舞台は、300年前のアメリカ。ネイティブ・アメリカン最強の部族の戦士、ナル(アンバー・ミッドサンダー)に目に見えぬ危機が迫る。“生きるために狩りをする人類”、“狩りをするために生きるプレデター”。狩るか狩られるか、種族と技術の壁を越え、戦士の誇りをかけた戦いが始まる。

狩猟解禁まで1週間(2022年8月5日)と迫るなか、2022年7月21日〜24日に開催されていたサンディエゴ・コミコンにて、ファンから熱い視線が注がれている本作の先行上映が行われた。上映後には、スタンディングオベーションが巻き起こるほどの絶賛の感想が、一足先に鑑賞した記者たちから届いている。

マット・ドナート(Slash Film)

「『プレデター:ザ・プレイ』は、『プレデター』以来最高の作品です。アンバー・ミッドサンダーは地球外生命体の敵を相手にし、スクリーンを支配していました。そんな彼女に賛辞を贈りたい。血まみれの基本に立ち返った緊張感あふれる狩りは、プレデターの映画に求めるもの全てを残酷なまでの原始的な輝きで表現してくれています。」

ドリュー・テイラー(The Wrap)

「『プレデター:ザ・プレイ』は最高でした。ダン・トラクテンバーグはこのシリーズを見事に再構築し、エレガントに撮影された感動的な青春物語(アンバー・ミッドサンダーがグレート)を、大量の血とめちゃくちゃ楽しい怪物との戦いとともに描いています。“楽しかった”となることは予想していましたけど、“好き”になりましたよ。」

ケイト・サンチェス(But Why Tho)

「『プレデター:ザ・プレイ』は驚異的でした。『プレデター』シリーズがまさに必要としていた新作であり、独立した作品に仕上がっています。アンバー・ミッドサンダーが素晴らしく、彼女の活躍ぶりが観られてとても嬉しいですね。」

シャノン・マクグリュー (Nightmarish Conjuring)

「『プレデター:ザ・プレイ』は、『プレデター』シリーズの中で最高の作品のひとつ。前作とは明らかに異なる『プレデター:ザ・プレイ』は、シリーズの精神を受け継ぎつつ、応援したくなるような予想外の英雄が登場します。視覚的に美しく、激しく暴力的な本作に注目しよう。」

リズ・シャーン・ミラー(Consequence)

「『プレデター:ザ・プレイ』がとてつもなくファンタスティック。アンバー・ミッドサンダーが素晴らしく、『プレデター』ファンでなくても楽しめる一作に仕上がっています。本作の楽しみは、非常に巧妙な敵同士の対決を見届けることであり、それは信じられないほどスリリング。ダン・トラクテンバーグはよくわかっていますね。」

ペリ・ネミロフ(Collider)

「『プレデター:ザ・プレイ』は、『プレデター』映画の中でお気に入り。(オリジナル版と、2010年の『プレデターズ』のファンです)。プレデターがもたらすスリルと同様に、コマンチ族の伝統に支えられた、深く個人的な旅が描かれているのが素晴らしかったです。

そしてなんといっても、アンバー・ミッドサンダーが主役として見事な力を発揮しています。スタントワークは驚異的で、ダン・トラクテンバーグとジェフ・カッター(撮影監督)は、プレデターを描くべき方法を完全に心得ていますし、犬のパフォーマンスもA+でした。」

ジェルマン・ルッシエ(Gizmodo&io9) 

「『プレデター:ザ・プレイ』は、『プレデター』のオリジナル版以来となる、価値のある最高の映画でした。美しい映像、緻密に書かれた脚本、素晴らしいキャラクター、これまでの作品の中で最もグロく、ワイルドなエンターテインメントにあふれたSFアクション。エキサイティングで、楽しくて、パワフルで、もう一度観られるまで待ちきれません。」

テッサ・スミス(Mama’s Geeky)

「『プレデター:ザ・プレイ』は、ファンが『プレデター』映画に求めるものそのものでした。血みどろの死、狂気に満ちた武器、そしてシリーズの他の作品との関連性。狂気の殺戮とジャンプスケアにより、最高に面白い作品に仕上がっています。アンバー・ミッドサンダーを愛する準備をしておいてください!」

映画『プレデター:ザ・プレイ』は、ディズニープラス「スター」にて2022年8月5日(金)より独占配信。

予告編はこちら

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly