Menu
(0)

Search

レオナルド・ディカプリオ&マーティン・スコセッシ、7度目のタッグが決定 ─ 無人島サバイバルと告発裁判の実話描く

レオナルド・ディカプリオ
[Left]Leonardo DiCaprio / Photo by NASA/Goddard/Rebecca Roth ( https://www.flickr.com/photos/gsfc/26105091624/ ) [Right]Martin Scorsese / Photo by Siebbi ( http://www.ipernity.com/doc/siebbi/7602465 ) Remixed by THE RIVER

巨匠マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが、新作映画『The Wager(仮題)』で再びタッグを組むことがわかった。米The Hollywood Reporterが報じている。

長年の信頼関係にあるスコセッシとディカプリオは、過去に『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002)『アビエイター』(2004)『ディパーテッド』(2006)『シャッター アイランド』(2009)『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)、そして公開待機中の『Killers of the Flower Moon(原題)』をともに手がけてきた。本作は実に7度目の顔合わせとなる。

報道によると、『The Wager』はノンフィクション作家デイヴィッド・グランが2023年4月に米国で刊行する同名書籍に基づく実話映画。グランは先述した『Killers of the Flower Moon』の原作を執筆した人物だから、スコセッシ&ディカプリオが熱い注目を寄せていることがうかがえる。映画化権を獲得したのは、スコセッシが複数年の契約を締結するApple。『Killers of the Flower Moon』に続き、Apple TV+作品として製作されるとみられる。

舞台は1740年代、ぼろぼろになった一艘の船がブラジルの沿岸に漂着した。乗っていたのはイギリス海軍の男たち30人で、スペインのガレオン船を追跡する任務中、南アメリカ・パタゴニア地方の無人島に遭難していたという。過酷な環境を生き抜いた彼らは英雄視されたが、その6ヶ月後、たった3人の船員を乗せた、さらにぼろぼろの船がチリ沿岸に現れた。彼らは先に到着した船の乗組員たちは“反乱兵”であると非難。両者は告発合戦に突入し、ついにイギリス海軍は無人島で起こった出来事の一部始終を明らかにすべく、特別裁判を開くことにする。そこであらわになったのは、世界で最も過酷な気候を生き延びた人々の戦いと、人間としての本質だった……。

本作ではスコセッシが監督を務め、ディカプリオが出演するほか、それぞれが製作を兼任。『Killers of the Flower Moon』でふたりとタッグを組んだダン・フリードキン&ブラッドリー・トーマス、『レヴェナント 蘇えりし者』(2015)のジェニファー・デイヴィソンが製作を務めるほか、Apple TV+作品「ブラック・バード」(2022)のリチャード・プレプラーが製作総指揮に就任した。なお、現時点で脚本家は決定していない模様。

今後、スコセッシはジョナ・ヒルを主演に迎え、ロックバンド「グレイトフル・デッド」ジェリー・ガルシアの伝記映画(タイトル未定)を手がける予定。また、ディカプリオも実在のカルト指導者ジム・ジョーンズを描く『Jim Jones(原題)』で主演・製作と務めることが報じられている。両者がこれらを先に撮影する場合、『The Wager』での再タッグはもう少し後の話になりそうだ。

ちなみにスコセッシ&ディカプリオの最新作『Killers of the Flower Moon』はポストプロダクション(撮影後作業)のまっただなかで、配信日は未定。米Deadlineによると、2022年の映画賞シーズンは見送られ、2023年のカンヌ国際映画祭を狙うなどの選択肢が検討されているという。同作にはディカプリオのほか、ロバート・デ・ニーロやジェシー・プレモンスらが出演。脚本は『Mank/マンク』(2020)などのエリック・ロスが執筆した。

Source: The Hollywood Reporter, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly