Menu
(0)

Search

『ソー : ラグナロク』にナタリー・ポートマンが登場しない理由とは

エンパイア誌のPodcastにゲスト出演したマーベル・スタジオの製作社長ケヴィン・ファイギが認めた所によれば、2017年11月公開予定のマイティ・ソー シリーズ三作目となる映画『ソー / ラグナロク』にナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターは登場しないとのことだ。その理由についてケヴィンはこう語っている。

「(登場しない理由は)沢山あります。ほとんどは映画の中で語られているので、観れば納得されると思います。地球の場面は数シーンしかなくて、80~90パーセントはコスモスが舞台になっています。


ソーとジェーン
http://marvelcinematicuniverse.wikia.com/wiki/File:Thor_Jane_kiss_London.jpg

ナタリー・ポートマンは2011年の『マイティ・ソー』、続く2013年の『マイティ・ソー ダーク・ワールド』にヒロイン、ジェーン・フォスター役で登場。フランチャイズ作では他に『アベンジャーズ』『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』でもその存在が言及されていた。

ソーとハルクのバディ・ムービーと噂されている映画『ソー / ラグナロク』は2017年11月、全米公開予定。

Source:http://epicstream.com/news/Thor-Ragnarok-to-Exclude-Natalie-Portman-Marvel-Head-Kevin-Feige-Explains-Why

Eyecatch Image:http://marvel-movies.wikia.com/wiki/File:ThorJane.jpg

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly