Menu
(0)

Search

『タイタニック』最後まで演奏続けた音楽隊の実話 ─ 故郷に残した婚約者からのバイオリン

タイタニック
©Twentieth Century Fox Photographer: Merie W. Wallace 写真:ゼータイメージ

ジェームズ・キャメロン監督・脚本、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット主演の1997年の映画タイタニックに名場面は多い。中でも、船が沈みゆく中で最後まで演奏を続けた音楽隊の音色と姿が、特に心に残ったという方も多いだろう。

『タイタニック』後半のクライマックス、沈没までを描くシークエンスでは、いよいよ浸水がデッキまで及び、恐怖感が高まってゆく。船長は操縦室に籠もり、成すすべ無しの表情を浮かべる。

このとき音楽隊のメンバーは、デッキの喧騒の中にいた。はじめは4名で演奏していたが、刻々と身に迫る危険を感じて「ここまでだ」「無事を祈る」との言葉を交わして一度は解散する。しかし、そこに残ったバイオリニストがひとりで演奏を続けると、今しがた解散したはずのメンバーも戻ってきて、アンサンブルに加わっていく。

ここで彼らが奏でているのは、「主よ御許に近づかん(Nearer, My God, to Thee)」という賛美歌。映画ではこの音色にあわせて、ゆっくりと海水に侵され、傾いていく船の様子が映し出された。

操縦室で思いを馳せる船長。沈没した正確な時刻を残しておくためか、時計の分針を修正する設計士トーマス・アンドリューズ。脱出を諦め、ベッドで最後の抱擁を交わす老夫婦。何も知らない幼き我が子に、いつものように幸せな昔話を聞かせて寝かしつける母。「紳士らしく、正装して船と運命を共にする」として救命胴衣を拒みながら、迫りくる浸水を目前にして慄く実業家グッゲンハイム……。美しい演奏とは裏腹に、目前では冷たく黒い海がごうごうと音を立ててタイタニック号を呑み込んでゆく。

飛び交う絶叫、怒号、泣き声。少しでも平穏をもたらそうと、最後の演奏を続ける音楽隊。海水の魔の手がいよいよ彼らの足元にも及ぼうとする頃、音楽もついに止まる。「諸君。今夜、君らと演奏できたことを光栄に思う」。映画は、ここで顔色を一気に恐ろしいものに変える。大勢の乗客と共に沈みゆくタイタニック号を、パニック映画さながら容赦なく映し出していくのだ。

タイタニック 実際に最後まで演奏を続けた音楽隊

この音楽隊が、乗客に落ち着いて救命艇へ移動してもらうため、自身らは最後まで演奏を続け、その運命を船と共にしたのは事実……、というのは、タイタニックの逸話の中でもよく知られた話だ。

このリーダーとなっていたのが、映画でも「君らと演奏できたことを光栄に思う」と発していた、バイオリン奏者のウォレス・ハートリーだ。1878年にイングランドで生まれたハートリーは、父が聖歌隊と教会学校の長を務めていて、そこでバイオリン演奏を学んだ。卒業後もオーケストラで活躍し、やがてタイタニック号のバンドマスターを務めることとなる。プロポーズしたばかりの婚約者マリア・ロビンソンと離れ離れになるため、はじめは悩んだそうだが、この仕事が将来につながるかもしれないと考え、乗船を決意する。

ウォレス・ハートリー

タイタニック号には、ウォレスを含めて8名の音楽家が乗っていた。ピアノのセオドア・ロナルド・ブライリー、チェロのロジャー・マリー・ブリコとパーシー・コーネリアス・テイラーにジョン・ウェスラー・ウッドワード、ベースのジョン・フレデリック・プレストン・クラーク、バイオリンのジョン・ロウ・ヒュームとジョージズ・アレクサンドル・クリンズ。ウォレスは33歳で、ほかは20代が5人、30代が1人、40歳が1人だった。

一座は最後の最後の瞬間まで演奏を続けていたと伝えられており、その全員が犠牲になった。生還した二等船客は次のように証言している。

「あの夜、たくさんの勇敢な出来事があった。でも、船が静かに海に沈みゆく中で、一分一秒演奏を続けていたあの男たちよりも勇敢な者はいなかった。彼らが演奏した音楽は、まるで彼ら自身への不滅の鎮魂歌のようだった。」

ウォレスの遺体は沈没から10日後に引き上げられた。当時の新聞によると、ウォレスは自分の身体に、バイオリンをケースに収めて縛り付けていたという。このバイオリンは、婚約者マリア・ロビンソンからの贈り物で、“ウォレスへ、婚約を記念して マリアより”と刻まれた銀の飾り板が取り付けられていた。

実際のバイオリン。Titanic Belfast – Wallace violin CC BY 2.0

遺品のバイオリンは婚約者マリアによって引き取られた。当時のマリアの日記からは、「私の婚約者のバイオリンの返還を実現くださったすべての皆様に、心から御礼申し上げます」「このバイオリンは失われてしまったと考えられていたものですが、奇跡が起こって、ここに戻ってきたのですね」と綴られた彼女の電報の写しが発見されている。

未来を夢見てタイタニック号に搭乗し、最後の最後まで音楽家としての務めをまっとうしたウォレス・ハートリー。愛する婚約者から贈られたバイオリンと共に沈んだウォレスの遺体は、沈没から10日後に引き揚げられ、故郷の英ランカシャー州コルネで葬儀が執り行われた。式には1,000人が参列し、3〜4万人が葬送に訪れたという。その後、婚約者マリア・ロビンソンは1939年に59歳で亡くなるまで、生涯独身を貫いた。

あわせて読みたい

Source:BBC,Irish Central,History on the Net

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly