DCドラマ「タイタンズ」シーズン2、早くも制作決定 ― シーズン1の配信開始に先がけて

DCコミックスが米国で開始したサブスクリプション・サービス「DC Universe」にて配信される、オリジナル・ドラマシリーズ「タイタンズ(邦題未定、原題:Titans)」のシーズン2が制作されることがわかった。なんとシーズン1の配信開始に先がけての決定・発表とあって、同作に対するワーナー/DCの注力ぶりがうかがえる。

「タイタンズ」シーズン2の制作は、2018年10月3日(米国時間)にNew York Comic Conにて発表されたもの。脚本とエグゼクティブ・プロデューサーを務めるジェフ・ジョンズ氏のほか、同じくエグゼクティブ・プロデューサーのグレッグ・ウォーカー氏、ジョン・フォーセット氏がDC Universeのパネルに登壇して明かした。

2018年10月現在、「タイタンズ」シーズン2の具体的な内容は明らかになっていない。ただしジェフ氏いわく「すでにシーズン2についてはすべてわかっている」状態だといい、登場する全キャラクターやストーリーもすべて決まっているようだ。コミック「ティーン・タイタンズ」シリーズを手がけたライターであるマーヴ・ウルフマン氏にも「すごく喜んでもらえると思う」と述べており、早くも構想に自信をにじませている。

バットマンの相棒“ロビン”として多くのコミックファンに愛されるディック・グレイソンを本作で演じるのは、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017)でヘンリー・ターナー役を務めた新鋭ブレントン・スウェイツ
そのほか、注目の子役ティーガン・クロフト、チャドウィック・ボーズマン主演映画『キングのメッセージ』(2017)のアンナ・ティオプ、『ベイマックス』(2014)声優のライアン・ポッター、『ミュータント・タートルズ』シリーズ(2014, 2016)でラファエロ役のモーション・キャプチャー&声優を担当したアラン・リッチソン、『大統領の執事の涙』(2013)のミンカ・ケリーが出演する。
脚本&製作総指揮には、DC作品の重鎮ジェフ・ジョンズをはじめ、「ARROW/アロー」(2013-)や「THE FLASH/フラッシュ」(2014-)などのグレッグ・バーランティ、『ビューティフル・マインド』(2001)や『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)のアキヴァ・ゴールズマンが参加した。

 

「タイタンズ」シーズン1は、2018年10月12日に米国ではDC Universeにて配信開始。米国・中国を除いた世界各国ではNetflixにて配信される(配信開始日は2018年10月5日時点で不明)
なおDC Universeでは、ドラマシリーズ「スワンプシング(邦題未定、原題:Swamp Thing)」「ドゥーム・パトロール(邦題未定、原題:Doom Patrol)」「スターガール(邦題未定、原題:Stargirl)」が配信される。

Source: CBR

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。