DCドラマ「タイタンズ」米国版予告編が公開される ― 激しい暴力描写とダークな作風に注目、日本配信未定

DCコミックスによるサブスクリプション・サービス「DC Universe」が配信する、初のオリジナル・ドラマ作品「タイタンズ(邦題未定、原題:Titans)」の米国版予告編が公開された。このサービスは米国限定で開始されるもので、「タイタンズ」の日本における配信は未定となっている。

「タイタンズ」の主人公となるのは、バットマンの相棒“ロビン”として多くのコミックファンに愛されるキャラクター、ディック・グレイソン。本作では、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(2017)でヘンリー・ターナー役を務めた新鋭ブレントン・スウェイツが演じる。

「ファック、バットマン」。この一言と予告編の随所にみられる激しい描写で、すでに「タイタンズ」の作風を十分につかむことができるだろう。流血や人体の破壊を含むバイオレンス・アクションや、ゴシック調の雰囲気を感じさせるホラー演出のほか、もちろんヒーロー・ドラマとしてのケレン味も存分に楽しむことができそうだ。

 

「タイタンズ」にはブレントン・スウェイツのほか、注目の子役ティーガン・クロフト、チャドウィック・ボーズマン主演映画『キングのメッセージ』(2017)のアンナ・ティオプ、『ベイマックス』(2014)で声優を務めたライアン・ポッター、『ミュータント・タートルズ』シリーズ(2014, 2016)でラファエロ役のモーション・キャプチャー&声優を担当したアラン・リッチソン、『大統領の執事の涙』(2013)のミンカ・ケリーが出演。
脚本&製作総指揮には、DC作品の重鎮ジェフ・ジョンズをはじめ、「ARROW/アロー」(2013-)や「THE FLASH/フラッシュ」(2014-)などのグレッグ・バーランティ、『ビューティフル・マインド』(2001)や『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)のアキヴァ・ゴールズマンが参加している。

DC Universeでは本作に続いて、オリジナルのドラマ作品として「スワンプシング(邦題未定、原題:Swamp Thing)」「ドゥーム・パトロール(邦題未定、原題:Doom Patrol)」「スターガール(邦題未定、原題:Stargirl)」が配信される。米国ではサービスへの登録受付がスタートしているが、2018年7月20日現在、残念ながら日本からは登録することができない。

ドラマ「タイタンズ(邦題未定、原題:Titans)」は2018年秋にDC Universeにて配信予定。日本での配信情報が待たれる。

Sources: DC, Variety
The DC logo is a trademark of DC Comics.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。