『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』全世界で初動500億円突破狙う!オープニング興収の予測発表

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の劇場公開を2017年12月15日に控えて、米国の複数メディアが、そのオープニング興行成績の予想を伝えている。
前作『フォースの覚醒』(2015)が歴史的な大ヒットを収めた『スター・ウォーズ』新3部作だが、本作『最後のジェダイ』は、3部作でも成績が落ち込みやすいといわれる「第2作」。そのジンクスを打ち破ることはできるのか、どこまで数字を伸ばせるのか、関係者のみならず世界中のファンが注目するところだ。

初動成績、4億2,500万ドル超えは確実

The Hollywood Reporter誌は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が12月17日(日曜日・米国時間)までに4億2,500万ドル以上を稼ぎ出すと推測している。北米では公開後3日間で2億ドル以上を記録する予想で、実現すれば2017年最高のオープニング記録となる見込みだ。今年、ハリウッドはまれにみる不入りによって苦境を強いられたが、1年の最後に“挽回”のチャンスが到来したといってもいいだろう。同誌は、本作が海外にて17日までに約2億2,500万ドルの興行収入が予想されている。

これに対して、米Deadline誌はやや幅のある予想を示した。海外において、控えめにいって2億2,500万ドル、妥当な数字として2億4,000万ドルを稼ぐと見込んだのである。ただし同誌は、ことによっては2億5,000万ドルを突破する可能性も否定していない。もし最大値を記録することができれば、『最後のジェダイ』は17日までに全世界で4億5,000万ドル(約510億円)を超えることになる。少なくとも4億2,500万ドル(約482億円)を突破するとみられているあたり、このモンスター・フランチャイズの威力がうかがえるというものだろう。

もっとも、シリーズにとって32年ぶりの“続編”となった前作『フォースの覚醒』は、それどころではない大ヒットに結実していた。北米史上最高のオープニング成績となった2億4,790万ドルにて開幕し、最終的には9億3,670万ドルという史上最高の興行成績をたたき出したのである。
また『フォースの覚醒』は、全世界のオープニング興収において5億2,900万ドルという数字を達成してもいる。この記録は、『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)が中国での衝撃的デビューを飾って公開直後に5億4,190万ドルを稼ぐまで、史上最高の初動興収となったのだ。

そんな空前のヒット作を経て、第2作ゆえの落ち込みが想定されている本作では、その底上げを図るためだろうか、諸外国において米国に先がけての劇場公開がスタートする。12月13日(水曜日・現地時間)にはフランスやイタリアにて、翌14日(木曜日・現地時間)にはイギリス・ドイツ・オーストラリア・ロシアなどで、『最後のジェダイ』の全貌が観客の前に姿を現すのだ。ちなみに日本でも14日に先行上映が行われるが、あくまで本公開は15日からとなっている。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国ロードショー
ところで本作の上映時間は『フォースの覚醒』より15分ほど長いわけだが、これは興行成績にどれだけ影響するのだろうか……?

Sources: https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/star-wars-last-jedi-box-office-targets-huge-425m-global-blastoff-1066559
http://deadline.com/2017/12/the-last-jedi-star-wars-worldwide-box-office-opening-preview-1202225082/
©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。