Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は決して過去を葬らない ― 監督が語るテーマへの思い

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイは、全世界の観客に賛否両論をもって受け入れられた。シリーズのファンが驚かされるストーリー展開、複数のストーリーラインから重層的に立ち上がるテーマ、そしてキャラクターの扱い方は、一部でスター・ウォーズを終わらせてしまった」とすら言わしめたのである。

本作が時として“伝統”と“革新”の対立軸をもって語られるのは、シリーズのルールやお約束を大胆な手つきで刷新していく、脚本・監督を務めたライアン・ジョンソンの作劇と演出によるところが大きいだろう。あるいは予告編でもカイロ・レンが口にしていた、「過去を葬れ。必要なら殺してでも(Let the past die. Kill it if you have to.)」というセリフの影響だろうか。

しかしライアン監督は、それでも「過去を葬らなかった」。劇場公開から約1ヶ月が経った今、本人の口から、この映画に込められたテーマへの思いが語られている。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

カイロ・レンとルーク、「過去を葬る」ふたりの男

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』には、自身の過去を葬ろうとする男がふたり登場する。前作『フォースの覚醒』(2015)で父親ハン・ソロを殺し、今度は母親レイア・オーガナまで手にかけようとするカイロ・レンと、その師匠にして、ジェダイとしての自身を隠遁生活の中にうずめてしまったルーク・スカイウォーカーだ。

The Empire Film Podcastにて、ライアン監督は、二人に共通するこのテーマを初期段階から構想していたことを明らかにしている。

「“過去を葬る”というようなテーマは(製作の)最初期からありました。カイロが力強く、また映画の大部分でルークが表現するテーマですが、僕が興味深く感じていたのは、対極の二人が同じ結論に達するというところなんです。
カイロは前進するために、自分自身を過去から切り離そうとします。反抗的ですよね、自分の出自から逃れるわけですから。過去を切り離して、“僕はなりたい自分になれるんだ”と言うんです。こういうことは、多くの人が人生のどこかで体験することですよね。」

しかし結果として、カイロは一切過去を葬ることができない。母親の乗る宇宙船を自ら撃つこともできなければ、最後には巡り巡って、自身が殺した父親のゴールデン・ダイスをその手に握ることにすらなるのである。あろうことか、そのダイスは、同じくカイロの過去であるルークの消滅とともに、まるで彼が持ち去るようにして消えてしまう。たとえ自分自身から離れていっても、自分の目に見えなくなっても、過去は確かにその手中に残り続けるのだ。

こうしたテーマの帰結を見ても明らかなように、ライアン監督は「(過去を葬る、というテーマを)最終的に、自分の信じている考えとして提示してはいません」と断言する。

自分を過去から切り離してしまえば、それは自分を騙すことになるし、自分が戻る場所を失うことにもなると思います。前進するには、レイがそうしているように、過去の上に道を築くしかないんです。」

こうしたライアン監督の思想は、物語の終盤において、ルークがジェダイとしての自らの運命を引き受けることにも表れているだろう。自分の過去を葬るようにして惑星オクトーに引きこもったルークは、ある意味では自分の過去に閉じこもってしまっていたわけだ。

「ルークがヨーダのレッスンを受けたり、ジェダイの書を扱っているように、過去に浸る必要はありません。また、過去を失ったことに浸るのでもないんです。過去から最良のものを得て、そこに道を築き、感謝して、前進する。これこそ、この映画でレイが行く道なんですよ。」

カイロにせよルークにせよ、過去を葬ろうとするほど、その過去は本人にぴったりとくっついてくる。すなわち過去を葬ることなどできない……。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でライアン監督が描いた「過去を葬る=葬ることはできない」というテーマは、まるで監督自身が『スター・ウォーズ』を撮る上でのテーマだったかのようにも聞こえるだろう。長い歴史を持つシリーズの要素やキャラクターを扱いながら、慎重かつ大胆に自己流の解釈や展開を加えていく手法は、そもそも“伝統”と“革新”を対立させるのではなく、あくまで同じ地平に存在するものとして扱う姿勢ではないだろうか。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中
さて、ライアン監督が前進させた物語を受け止めるJ・J・エイブラムス監督は、『エピソード9(仮題)』でどんな未来を見せてくれるのだろう?

Sources: http://comicbook.com/starwars/2018/01/16/star-wars-the-last-jedi-let-the-past-die-rian-johnson/
https://soundcloud.com/empiremagazine/star-wars-the-last-jedi-spoiler-special
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly