これからのスノークとカイロ・レンはどう描かれる ─ 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督が語る

スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)で登場した暗黒面の新たな脅威、スノークとカイロ・レン。特にファースト・オーダーの最高指導者スノークはほとんどが謎に包まれており、その正体を巡ってはいくつもの説が飛び交っている。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督は、EMPIRE誌最新号のインタビューに対して僅かながらも有意義なヒントを与えてくれた。果たして監督は、『最後のジェダイ』のスノークとカイロ・レンについて、どのような考えを持っているのだろうか。

注意

この記事では、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』について、ライアン・ジョンソン監督の発言を紹介します。具体的なネタバレはございませんが、映画公開前に情報に触れたくない方はご遠慮ください。

ライアン・ジョンソン監督は、スノークをかつての帝国皇帝パルパティーンに重ねながら、こう解き明かす。

「パルパティーンが力を得ていく様はプリクエル(エピソード1~3)で描かれ、オリジナル(エピソード4~6)で彼はあるべき姿、つまり”皇帝”として現れましたね。彼は裏で手を引くダーク・フォースでした。
スノークにも同様のアプローチを行ったのです。スノークが何者なのか、どういう歴史を持つのかを、ストーリー上必要以上に語ることにはあまり関心がありませんでした。」

ライアン監督のこの発言から察するに、『最後のジェダイ』でもスノークの正体については然程明かされないと考えられるだろう。監督と共にオリジナル三部作を振り返れば、確かにパルパティーンの正体や背景については語られていない。不気味で、謎に満ちており、あらゆる事象の裏で密かにテグスを引く脅威の黒幕だった。パルパティーンの過去の解明がプリクエルに委ねていたように、スノークの正体は『最後のジェダイ』『エピソード9』とは別の場所で語られてもおかしくはないだろう。もっとも、語られぬ余韻を残し、ファンに解釈の余地を許してこそスター・ウォーズであるとも言えよう。

また、ヴィラン・サイドのもう1人の大物カイロ・レンについて執筆を楽しんだという監督は、『フォースの覚醒』に続く新三部作についてのテーマを、「思春期から成人期への昇華」へと表現。カイロ・レンがレイと同様に、このテーマにぶつかってくるという。

「オリジナル(エピソード4~6)で観客は、ずっとルークに惹きつけられていた一方で、ベイダーも脅威の存在でした。
カイロ・レンとレイは、二人が別サイドにいるというのが面白いですね。誰もがカイロに共感できる。思春期の混乱の真っ只中にあり、男として自分がどうなっていくのか探っているということから来る怒り。その怒りに立ち向かいながら、家族から離れていたいと思っている。彼はベイダーではない…少なくとも、まだベイダーではないんです。私は、そういうものに取り組みたかったんです。」

この発言からは、カイロ・レンの行く末が案じられるだろう。多くのファンは、カイロがダーク・サイドに完全に呑まれる前に、何らかの喜ばしい出来事によってライト・サイドに目覚め、スノークが吹き込んだ幻想に十字型のライトセーバーを突き刺して立ち去る未来を夢見たはずだ。ところがライアン監督は彼を「”まだ”ベイダーではない」と言う。果たして、カイロ・レンは本当に止められないのだろうか…。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日公開。

Source:http://www.empireonline.com/movies/news/last-jedi-exclusive-rian-johnson-talks-snoke-kylo-ren/

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • BB-69 2017年9月6日 at 6:19 PM

    記事の本題とは少しズレますが、スノークの「最後のジェダイ」での新しいビジュアル ( https://i1.wp.com/www.nerditherefirst.com/wp-content/uploads/2017/07/image1-5.jpg?resize=287%2C420 ) を見て、思いついたことがあったので、スノークに関することということで、ここに書かせていただきます。
    スノークに向かって右側(スノークから見て自分の左側)の首から顔にかけての皺が、単なる皺ではなくて穴があるというか筋が何本もあるような・・・ちょうど古い木の幹のようなビジュアルに見えたんです。
    そこで、思い出したのがこちらの過去の記事 ( エピソード8の脚本とされる怪文書:https://theriver.jp/ep8-script/ ) です。
    フォースの木と何らかの関係があるのでは・・・?と。
    理屈も何もない、単なるビジュアルからの想像なのですが、思いついて書かずにいられず・・・(笑)。

    Reply