Menu
(0)

Search

山下智久出演『The Man From Toronto』Netflix配信に、劇場公開見送り ─ ウディ・ハレルソン&ケヴィン・ハート主演

https://www.instagram.com/p/CH6W-WGrxCz/

ウディ・ハレルソンケヴィン・ハート主演、日本から山下智久が出演することでも話題のThe Man From Toronto (原題)』が、劇場公開からNetflixの独占配信に方針を切り替えたことがわかった。米Varietyなどが報じている。

本作はウディ演じる暗殺者、通称「トロントの男」と、ケヴィン演じる“ニューヨーク最大のしくじり男”テディがAirbnbで出会い、人違いからチームを組むことになり、世界の危機に対峙する物語。もともとはソニー・ピクチャーズが配給権を保持しており、公開延期を経て2022年8月12日に米国公開予定だったが、このたびNetflixが配給権を購入した。

報道によると、Netflixは本作の世界配給権を獲得済み(中国を除く)で、2022年内に配信を開始する予定。これは2021年4月にソニーとNetflixが締結したファーストルック契約に基づくもので、配信後のソフト展開やテレビ放送に関する権利はソニーが引き続き保有するという。近作では、Netflixの配信後に日本国内でもソフトがリリースされた『ミッチェル家とマシンの反乱』(2021)と同じパターンと推測される。

監督は『ヒットマンズ・ボディガード』シリーズのパトリック・ヒューズ。製作・原案は『イコライザー』シリーズのジェイソン・ブルメンタル、脚本は『スマイル・アゲイン』(2012)のロビー・フォックスと『バットボーイズ フォー・ライフ』(2020)のクリス・ブレムナーが務めた。共演者は「ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」(2007-)のケイリー・クオコ、『オーシャンズ13』(2007)のエレン・バーキン、「オルタード・カーボン」(2018-2020)のリーラ・ローレンら。山下の役柄は不明だが、SNSには日本刀を携えて立つ姿なども確認できる

映画『The Man From Toronto(原題)』は2022年内にNetflixにて独占配信予定

あわせて読みたい

Sources: Variety, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly