Menu
(0)

Search

『アメリカン・ヒストリーX』トニー・ケイ監督、アメリカ公民権運動描く新作手がける

Tony Kaye トニー・ケイ
A Photo by David Shankbone https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Tony_Kaye_2011_Shankbone.JPG

『アメリカン・ヒストリーX』(1998)などで知られるトニー・ケイ監督が、アメリカで発生した公民権運動を題材とした映画『シビル(原題:Civil)』を手掛けることがわかった。米Deadlineが報じている。

公民権運動とは、主として1950〜60年代にアフリカ系アメリカ人によって展開された、黒人に対する差別の撤廃と法の下の平等、市民としての自由と権利を求める社会運動のこと。1955年にアラバマ州モンゴメリーで発生した「モンゴメリー・バス・ボイコット」と呼ばれる事件などをきっかけに、キング牧師らを主導に本格的な運動が展開されていくことになる。

こうした歴史を背景として、『シビル』では1955年に勃発する公民権運動までの数ヶ月間を舞台に、人種分離の両側にいる2人の男が悲劇の灰から“平等”という言葉が示す本当の意味を見つけていく姿が描かれる。『アメリカン・ヒストリーX』にて、白人至上主義を題材にアメリカが抱える人種問題や貧富の差などの社会問題を浮き彫りにしたケイ監督は、分断が叫ばれる現代に向けて何を描くのだろうか。

ケイ監督はミュージック・ビデオ監督としても活躍しており、これまでにグラミー賞で6度ノミネートされている。なお、長編映画作品の監督としては、2011年公開の『デタッチメント 優しい無関心』以来となる。

製作は、米ウォルト・ディズニー運営のネットワーク「ディズニーチャンネル」の元副社長ティナ・トレッドウェル、2020年11月配信のNetflix作品『The Trial of the Chicago 7(原題)』を手がけるドル・デイヴィスらが務める。出演者は明らかになっていないが、撮影自体は2021年初頭の開始を目指しているという。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly