Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『トップガン マーヴェリック』ボツになった「あの曲」のリメイク版が聴ける

(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

この記事には、『トップガン マーヴェリック』のネタバレが含まれています。

(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

ビーチバレーの場面の名曲「Playing with the Boys」リメイクしていた

『トップガン』(1986)では夕暮れのビーチで若きパイロットたちがビーチバレーで汗を流すシーンがあった。厳しい訓練から束の間だけ離れ、仲間たちと気持ちよくボールを追うこのシーンは、『トップガン』の青春と友情を爽やかに語る。

『トップガン マーヴェリック』でも、パイロットたちがビーチでスポーツに興じる展開は再現された。もっとも新作では、ビーチバレーではなくアメフトに変更に。その理由は、教官マーヴェリックが空中戦の感覚を養うドッグファイト式アメフトをさせたかったためとというきちんとした設定があるのだが、そちらの解説はこの記事に譲るとしよう。

さて『トップガン』では、ビーチバレーのシーンではケニー・ロギンス「Playing with the Boys」という曲が流れた。ロギンスといえば主題歌「Danger Zone」も歌った盛り上げ役。「Playing with the Boys」は跳ねるような爽快ポップソングで、ビーチバレーのシーンにも伸び伸びフィット。映画を象徴する楽曲の一つとなった。

実は『トップガン マーヴェリック』でもロギンスは、この「Playing with the Boys」の現代アップデート版を製作していたのである。ロギンス自身が米Varietyに語るところによると、『マーヴェリック』ジョセフ・コシンスキー監督とハリウッド・ボウル(ハリウッドにある野外音楽堂)で会った際に、この「Playing  with the Boys」のリメイクを直々に依頼されたのだそう。

『マーヴェリック』で描かれる新世代パイロットには女性の姿もある。これに合わせて、ロギンスはオーストラリアの若き女性パンク・ロッカー、バタフライ・バウチャーと共に新たな「Playing  with the Boys」を録った。しかし、残念ながら「映画に合わなかった」ために採用されず。おそらく、ビーチアメフトのシーンに合わせて使用される案があったのだろう。劇場版では、ワン・リパブリックによる軽やかな口笛がチルな「I Ain’t Worried」が使用されている。

ロギンスは新「Playing  with the Boys」について「どこかでストリーミング配信されているでしょう」と話しているが、この曲は2021年時点でリリースされており、各配信プラットフォームで聴くことができる。YouTubeにも公式にアップロードされているので、ここで聴いてみよう。ちょっとアンニュイな空気が印象的だ。

ちなみにロギンスによると、なんと『トップガン マーヴェリック』ではあの「Danger Zone」リメイクも依頼されていたそうだ。実際に再録も行ってみたというが、けっきょく製作側がオリジナル版の雰囲気を求めたということで、こちらも使われることはなかった。

なおロギンスは『トップガン マーヴェリック』を鑑賞した感想を、「今作の方が良い」と語っている

あわせて読みたい

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly