Menu
(0)

Search

リーアム・ニーソン来日決定!主演『トレイン・ミッション』緊迫感たっぷりの予告編が公開に

トレイン・ミッション
© STUDIOCANAL S.A.S.

『96時間』シリーズや『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999)クワイ=ガン・ジン役で絶大的な支持を誇るリーアム・ニーソンが、13年ぶりに来日を果たすことがわかった。主演最新作『トレイン・ミッション』のプロモーションのため。2018年3月18日にジャパン・プレミアが開催される。あわせて、本作の緊迫感溢れる予告編映像が公開となっている。

『トレイン・ミッション』は、巨匠スティーヴン・キングをして、「傑作!!ヒッチ・コックとアガサ・クリスティが交錯したような至極のサスペンス」(※1月14日Twitterより)と言わしめた話題作だ。通勤電車を舞台に、始発から終点までリアルタイムで進行される緊迫怒涛のノンストップ・サスペンスが誕生した。

トレイン・ミッション
© STUDIOCANAL S.A.S.
トレイン・ミッション
© STUDIOCANAL S.A.S.
トレイン・ミッション
© STUDIOCANAL S.A.S.

『トレイン・ミッション』でリーアムが演じるのは、刑事を退職し長年勤めてきた保険会社を60歳で突如リストラされた不運な男・マイケル。途方に暮れながら帰路に向かう電車内、見知らぬ女(ヴェラ・ファーミガ)から「乗客の中から〈ある人物〉を探し出せば、10万ドル支払う」と持ちかけられる。ヒントはわずか3つ。選ばれた理由も分からずに、大金に目がくらんだマイケルは、元警官のスキルを駆使して“捜査”を開始。疾走する電車を駆け回り、わずかなヒントを元に容疑者を絞り出していくが、妻と息子が人質に取られていることが発覚。駅の数だけ仕掛けられた罠に翻弄されながら、次第にマイケルは壮大な陰謀へと巻き込まれていく。

公開された予告編では、非情な罠に立ち向かわざるを得ない状況に陥ったマイケルの悲痛な姿が、加速する電車のごとく疾走感溢れるテンポでスリリングに描かれる。時間も手掛かりもないまま犠牲者だけが増え続ける危機的状況に追い詰められるマイケル。連結部、車輪の下…決死の捜査が続くなか徐々に終着駅へと近付き…。一瞬垣間見える熾烈なアクションシーンの片鱗は、マイケルに待ち受ける闘いが、如何に壮絶なものであるかを物語っている。

「マイケルがごく普通の男であることに惹かれた。」綿密に練られた脚本に加え、これまで演じたことのないキャラクター像に魅せられたと語るリーアムが作り出すのは、大ヒットシリーズ『96時間』よりもリアルな生身のアクションと、かつてない哀愁溢れる演技で、誰もが応援せずにはいられない、“傷だらけのヒーロー”。人生の酸いも甘いも知り尽くした現在のリーアムだからこそ生み出された、どこにでもいる乗客による<孤独な闘い>の行く末は、果たしていかなる結末を迎えるのか―。

リーアム・ニーソンからは、2017年には“アクション引退宣言”も飛び出していた。名優リーアムが13年ぶりの日本の地で何を語るのか、大いに注目だ。

トレイン・ミッション
© STUDIOCANAL S.A.S.

映画『トレイン・ミッション』は、2018年3月30日(金) 全国ロードショー。
リーアム・ニーソンは、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて3月18日(日)17:30の回に上映前舞台挨拶で登場する。

『トレイン・ミッション』公式サイト:http://gaga.ne.jp/trainmission/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly