LGBT版スパイダーマン、『ホームカミング』出演俳優が賛同

フジテレビの人気テレビ番組で同性愛者を揶揄したキャラクターの復活に批判が相次いだことを受け、同社長が謝罪を行った出来事が話題となった。一方、海外ポップカルチャーにおけるキャラクターたちは長きに渡ってLGBT理解を促し続けている。

『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)で主人公ピーター・パーカーの親友ネッドを演じたジェイコブ・バタロンが、ファンからの質問にネットで答える企画に登場。そこでtrans boy(女性から男性への性転換者)のファンからの「trans boyのピーター・パーカーってどう思いますか?」との質問に“YAAAAAAAAAAAAASS”答えた

大衆文化の写し鏡であり、人々の課題や悩みの擬人化と言えるキャラクターらが、LGBTの思考を反映させるのはごく自然なことだ。アメリカのコミックの世界にはLGBTを告白するヒーローも多く登場しており、特に映画化で知名度も高いデッドプールやワンダーウーマンがバイ・セクシャルであるという発表は話題を呼んだ。また、コミック・キャラクターではないものの『ハリー・ポッター』ダンブルドアがゲイであるという発表は、センセーショナルながらも意義深いものだった。

優れたキャラクターとは悪者を退治するだけでなく、人々の心に寄り添い、憧れや共感の対象となるものだ。有名キャラクターたちが様々な価値観を表現してくれたなら、マイノリティの人々にとって心強い仲間となるだろう。

ちなみに一部のファンの間では、『スパイダーマン:ホームカミング』のピーター・パーカーは性転換者なのではないかという意見もある。フラッシュの”ペニス・パーカー”といういじめはそれを揶揄しているのではないかという読みや、ピーターがスパイダーマンであると知ったネッドが「卵産むの?」とジョークを尋ねるシーン、駐車場でアーロン・デイヴィスの詰問に挑戦する場面で「僕は女じゃない!男だ!」と反論していた描写などは、ピーターがtrans boyだからと考えれば合点がいくという考察である。あらゆる価値観から様々な解釈を許すこともまた、キャラクターの担う重要な役割だろう。

Photo credit: Jerry Bowley via Visualhunt.com / CC BY-NC-SA

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。