Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』ハックス将軍役ドーナル・グリーソン、『スカイウォーカーの夜明け』への複雑な胸中を明かす

ドーナル・グリーソン
Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19673399772/ )

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)に始まった新3部作で、ファースト・オーダーの幹部として登場し、多くのファンに愛されたのがアーミテイジ・ハックス将軍だ。最高指導者スノークに仕え、カイロ・レンとはライバル関係にあったはずのハックスは、なぜか中間管理職的なポジションを担わされ、『最後のジェダイ』(2017)ではカイロにもスノークにも小突き回される始末であった。

そんなハックス将軍は、完結編『スカイウォーカーの夜明け』(2019)で思わぬ展開を見せることになる。演じたドーナル・グリーソンは、米IndieWireの取材にて複雑な胸中を明かした。

この記事には、映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のネタバレが含まれています。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
(C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

ハックス将軍、思わぬ顛末

『最後のジェダイ』で最高指導者の立場をカイロ・レンに取られてしまったハックスは、自分の身の丈に合った仕事をしていたのかもしれない。もっとも、その“身の丈”とは、実はレジスタンスのスパイという役割だったのだが。『スカイウォーカーの夜明け』の中盤、ファースト・オーダーの基地に潜入したフィンやポー・ダメロン、チューバッカを助けたハックスだが、その裏切りは、新たな上司であるプライド将軍に見抜かれていた。あっさりとプライド将軍にブラスターで撃たれ、ハックスの物語は終わりを迎える。

「もちろん、もうちょっと長く出られたら良かったなって思いますよ」とはドーナルの談だ。『最後のジェダイ』でカイロとの立場が変わってから、『スカイウォーカーの夜明け』で退場してしまうまでの道のりはあまりにも短かった。「もう少しスパイらしいところをお見せできれば良かったですよね」

一方でドーナルは、脚本・監督のJ・J・エイブラムスが下した決断については「映画館で観客が息を呑むのがわかった時、彼は正しかったと思いました」とも語っている。ハックスの扱いだけでなく、完成した映画そのものにも「あるべき形の作品になった」と支持を表明しているのだ。「もっと観たかったところはありますが、17時間の映画は作れません。それはできないことなのだから、僕はあれで満足ですよ」

ハックスの退場後、その後釜を担ったのは、彼を射殺したプライド将軍だ。演じたのは、『ある女流作家の罪と罰』(2018)でアカデミー賞助演男優賞などにノミネートされたリチャード・E・グラント。ドーナルは「ずっと、ずっと、ずっと前からリチャードのファンだったんです」と言い、自分と同じ役割をリチャードが務めたことを光栄に感じているようだ。なにしろ「誰かのために退場するにしても、もっと退場しづらいケースはたくさんあると思いますよ」とちょっぴり辛口のジョークも口にしているのである。

あわせて読みたい

Source: IndieWire

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly