Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』米国興収の初期予測発表 ─ シリーズ有終の美を飾れるか

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
Photo by The Walt Disney Company/Image Group LA https://www.flickr.com/photos/disneyabc/48614135502/

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、スカイウォーカー・サーガの完結編としてシリーズ有終の美を飾れるか。2019年12月20日(金)の日米同時公開を控えて、米国オープニング興行収入の初期予測データが発表された。

The Hollywood ReporterVarietyの両紙は、『スカイウォーカーの夜明け』は12月20~22日(米国時間)の3日間で1億7,500万ドル~2億ドルを稼ぎ出すと予想。そんな中、Deadlineは2億500万ドル程度の成績を期待しており、「1億7,500ドルとの予想もあるが、いささか低いと思われる」と記している。


1年の締めくくりに登場する映画としては上々…どころか、すでに十分な大ヒットが予想されている本作だが、つらいところがあるとすれば、それは『スター・ウォーズ』という映画史に残る人気シリーズの完結編であるところだ。『フォースの覚醒』(2015)は2億4,800万ドル、前作『最後のジェダイ』(2017)は2億2,000万ドルを記録したため、現状の予想では新3部作でもっとも渋い滑り出しとなる。しかしながら、昨今の興収予測は大きく外れることも少なくなく、Varietyによると、ディズニーは観客の期待を引き続きコントロールするよう努めていくという。

なお2019年には、『アベンジャーズ/エンドゲーム』という史上最大級のお祭り映画が公開されており、米国オープニング興収は3億5,710万ドルを記録。現状、『スカイウォーカーの夜明け』の初動は『エンドゲーム』や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)の2億5,770万ドルに届かないとみられている。『ジュラシック・ワールド』(2015)の2億880万ドル、『ライオン・キング』(2019)の1億9,180万ドルが近い数字となるが、実際の数値はどうなるか。12月16日(現地時間)のワールドプレミア後にSNSで広がるであろうレビューの内容も、興行のゆく末を、ひいては『スター・ウォーズ』がいかに締めくくられるかのカギを握っている。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日(金)日米同時公開

Sources: The Hollywood Reporter, Variety, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly