マイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイによるコミック『アンブレラ・アカデミー』Netflixで映像化

惜しまれながらも解散したアメリカの人気ロックバンド、マイ・ケミカル・ロマンス(My Chemical Romance)ボーカルのジェラルド・ウェイによる人気コミック『アンブレラ・アカデミー(原題:The Umbrella Academy)』が、Netflixで映像化されることがわかった。

『アンブレラ・アカデミー』とは

ダークホース・コミックより2007年にスタートした『アンブレラ・アカデミー』は、ジョン・F・ケネディが暗殺されなかったパラレル・ワールドを舞台に、特殊能力を持った7人の子供達の活躍を描く。世界中で妊娠していない43人の女性が同時刻に突然出産するという異常事態が発生。天才発明家ハーグリーヴズは、そのうち7人の子供達を引き取り、「世界を救うため」とだけ残し、姿を消す。機能不全家庭で育った7人はそれから20年後、ハーグリーヴズの死をきっかけに再集結するのだが…。

『アンブレラ・アカデミー』をめぐってはかねてより映像化の計画があり、2015年にはユニバーサル・ケーブル・プロダクションによるTVドラマ化の企画があった。Splash Reportの伝えるところによると、間もなく開催されるサンディエゴ・コミコン(2017年7月20日~23日)で何らかの発表があるとされている。

原作は元「マイケミ」のジェラルド・ウェイ

『アンブレラ・アカデミー』原作者であるジェラルド・ウェイは、2013年に解散した人気ロックバンド、マイ・ケミカル・ロマンスでボーカルを務めた。日本でも「マイケミ」の通称で知られる。2004年に『スウィート・リベンジ(Three Cheers For Sweet Revenge )』でデビューすると、エモ・スクリーモ・ブームの中心的バンドに。(もっとも、ジェラルド本人は自らを”エモ”に分類されることを嫌った。)セカンド・アルバム『ザ・ブラック・パレード(Welcome To The Black Parade)』が世界的ヒットとなると、日本でも武道館ライブを行った他、『ミュージック・ステーション』にも出演した。2009年はDC映画『ウォッチメン』へ向けてボブ・ディランの「Desolation Row」をカバー。また、氷室京介とのコラボ曲「Safe and Sound」もリリースした。2013年の解散までに4枚のメジャー・アルバムをリリースしている。その後2014年にはソロアルバム『ヘジテイト・エイリアン(Hesitant Alien)』を発表。2015年の来日時にはVAMPS、sads、[Alexandros]と共演した。

ジェラルドは、音楽活動と並行して『アンブレラ・アカデミー』原作を執筆。2007年9月19日に第一号を発売している。マイ・ケミカル・ロマンスの楽曲世界でも見られたダークでスタイリッシュなストーリーがすぐに人気を呼び、2008年にはアイズナー賞を受賞した。邦訳版には、ShoPro Booksより『アンブレラ・アカデミー ~組曲「黙示録」』がある。

Source:http://www.cbr.com/gerard-way-umbrella-academy-netflix/
http://www.cbr.com/the-umbrella-academy-is-too-challenging-for-film-screenwriter-says/
http://splashreport.com/gerard-way-umbrella-academy-netflix/
Eyecatch Image:https://www.amazon.co.jp/dp/B01663Z6BM/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_ia0xzbKM8NKDQ

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。