Menu
(0)

Search

「ウォーキング・デッド」映画版、3部作をテレビ放送へ ― リック役アンドリュー・リンカーン、全作品に登場

ウォーキング・デッド
Andrew Lincoln as Rick Grimes, Ross Marquand as Aaron - The Walking Dead _ Season 7, Episode 8 - Photo Credit: Gene Page/AMC

人気ドラマ「ウォーキング・デッド」(2010-)の映画版について続報が入ってきた。
映画版『ウォーキング・デッド』(タイトル未定)には、シーズン9で同シリーズを卒業するアンドリュー・リンカーンが引き続きリック・グリムス役で出演。シリーズの製作・放送を務める米AMC局が企画・製作を担当する。

このたび米The Hollywood Reporterが伝えた情報によると、リックが主人公となる映画版『ウォーキング・デッド』は3部作として構想されており、高予算、長編のテレビ映画として製作されるとのこと。これまでの情報では、映画版のシリーズが劇場公開されるのか、それともテレビなどのプラットフォームで放送・配信されるものかは不明だった。米AMC Studiosが製作を担当し、ドラマシリーズと同じくAMCにて放送されるとみられる。その後、配信などでの展開も十分に考えられるだろう。

今回の情報によると、映画版『ウォーキング・デッド』は、シーズン9のリックが最後に登場するエピソードから数年後を描く作品になるとのこと。3部作はそれぞれ単独のストーリーとして完結するもので、そのすべてがリックを描く内容になるという。
脚本を執筆するのは、シリーズのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるスコット・M・ギンプル氏。現在は第1作の執筆中で、「リックとはどういう人物なのか、リックはどうなっていくのか、自分の置かれた状況にどう対処するのかを描きます」と意欲を語っている。

また「ウォーキング・デッド」ファンならば気になるのは、シリーズの主要人物であるダリル(ノーマン・リーダス)やミショーン(ダナイ・グリラ)らが映画版に登場するかどうかだろう。これについて、The Hollywood Reporterでは「可能性はある」とだけ伝えられており、具体的な情報はない。

映画版『ウォーキング・デッド』の映画版は「ウォーキング・デッド」や「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」(2015-)に加えて、さらに拡大するユニバース構想の第一弾。放送日や撮影時期は未定だが、ギンプル氏いわく、第1作は「そう遠くない」日の発表を目指しているとのこと。ちなみに製作は2019年開始と伝えられている。

Source: サイト名

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly