Menu
(0)

Search

「ウォーキング・デッド」シーズン10が延長決定、新映像も米公開 ─ 青春スピンオフ「ワールド・ビヨンド」米放送日&予告編発表

ウォーキング・デッド シーズン10
© 2019 AMC Network Entertainment LLC. All Rights Reserved.

ドラマ「ウォーキング・デッド」のシーズン10が、当初の全16話構成から6話延長されることがわかった。2020年7月24日(米国時間)、ポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン」のオンライン版「Comic-Con@Home」でのパネルイベントにて発表された。

もともと「ウォーキング・デッド」シーズン10は2020年4月に放送を終了する予定だったが、新型コロナウイルスの影響によって製作に遅延が生じ、予定通りの放送が不可能となっていた。今回の発表によると、ひとまずの最終話である第16話は2020年10月4日に米国で放送され、追加される6エピソードは2021年に撮影・放送される。これによってシーズン10は全22話構成となり、断続的な放送ではあるが史上最長シーズンとなった。

なお、このたび“シーズン10のフィナーレ”として告知されている第16話の冒頭シーンも公開されている。ダリル役のノーマン・リーダスいわく「とんでもないものが待っている」とか……。

また「ウォーキング・デッド」シーズン10の第16話とともに放送が延期されていた、新作ドラマシリーズ「ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド(原題:The Walking Dead: World Beyond)」も、同じく2020年10月4日より米国放送がスタートすることが決定。あわせて米国版予告編が公開されている。

既報によると、本作の主人公となるのはゾンビ(ウォーカー)が蔓延する世界で育った“新世代”の若い女性ふたり。主な登場人物たちが善と悪に分かれ、それぞれに変化を遂げていくダークな青春劇となる。第1話の監督は『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)のジョーダン・ヴォート=ロバーツが務めた。

さらに米国では、「ウォーキング・デッド」シーズン10・第16話と「ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド」第1話のオンエアに続き、トーク番組「トーキング・デッド」のスペシャルエピソードを放送予定。ここでは両エピソードについて語られるというから、本国のファンにとってはたまらない数時間となりそうだ。

なお「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」シーズン6は、これらの翌週にあたる2020年10月11日より米国放送開始。こちらも米国版予告編が公開されている。

Source: Variety, Deadline, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly