Menu
(0)

Search

映像美と目力に惹きこまれる『アンダー・ヘヴン』キルギス版カインとアベルの物語【SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016上映作品】

『カインはアベルを殺した』

人類最初の殺人を犯し、人類最初の嘘をついた兄カイン。『アンダー・ヘヴン』は、中央アジアの採石場を舞台にしたカインとアベルの物語だ。

『アンダー・ヘヴン』あらすじ

墓石の採掘を生業とするアダムカルには2人の息子がいた。衝動的で猛々しい気象のケリム(兄)と、真面目で現実主義のアマン(弟)だ。ケリムは楽で割のいい稼ぎ口を求めて都会に出ていくが、麻薬売買で逮捕されてしまう。アダムカルは役人を買収し、ケリムを前科者にするのを阻止した。しかし、そのせいで背負ってしまった多額の借金のために、ロシアに奴隷同然で出稼ぎに出ている。

ケリムはいつかまた都会へ戻りたいと思いながら、村に住む娘サルタナットと付き合っていた。サルタナットは両親を事故で亡くし、祖母と2人で暮らしていた。アダムもサルタナットのことを気にしていたが、サルタナットはケリムに夢中だ。村の中でつまはじき者扱いをされているケリムは、やがてサルタナットを置いて都会に戻っていってしまう。しかし、サルタナットはどうやら妊娠してしまったようで……。

ケリム(カイン)につけられた刻印はなにか?

『アンダー・ヘヴン』は、真正面からカインとアベルの物語を再構築している作品だ。荒涼としたキルギスの大地は、旧約聖書の世界とイメージとマッチする。カインとアベルの物語と聞いてまず思い浮かぶ映画は、ジェームズ・ディーン主演の『エデンの東』だろう。神を父親に置き換え、アブラという女性を間に挟み、カインとアベルの物語を再構築した名作だ。

『エデンの東』の父親が、聖書の言葉を引用して叱責し、主人公であるキャルを苦しめるのに対し、『アンダー・ヘヴン』ではケリムを高圧的に押さえつける人物は登場しない。その代わり、両親はケリムの罪をリセットすることで、ケリムの存在を無視してしまう。父親は、ケリムの罪を借金を背負ってまでリセットしたし、母親もケリムのことを直接責めることはせず、淡々と現状に耐えている。

誰一人として、ケリムに正面から向き合わない。『アンダー・ヘヴン』で神のポジションに置かれているのは、父親ではなくむしろ母親なのだが、小石を集めて”家を建てる”と気が遠くなるような作業をしているアマンのことを褒め称える一方で、父親と話がしたいだろうと、携帯の電波が通じる部分にお手製の電話ボックスを作ってあげたケリムのことは相手にしない。この描写は、カナンの貢物を無視して、アベルが支えた生贄だけを喜んだ神の仕打ちとピッタリ重なる。母親にとっては、地道な暮らしこそが重要なのだが、家族のためにと思って夢を追いかけているケリムには、母の思いは理解できない。しかし、この時点ではケリムはアマンに殺意を抱いたりはしない。逆に、自由に生きてサルタナットの愛情を得ているケリムに対し、アマンこそ嫉妬しているように見える。

都会から戻り、アマンがサルタナットの体裁を守るために彼女との結婚を決めたこと、そして父親の死後、ケリムのせいで背負った借金を何も言わずにアマンが引き継いだことを知り、ケリムは初めてアマンに対して殺意を抱く。『エデンの東』のキャルとは違い、最後まで父の愛を確認できなかったケリムは、父と全く同じ方法で自分のことを無視するアマンのことが許せなかった。

そこからの顛末は実際に映画を観て確認していただきたいのだが、ケリムはようやく母の愛を確認することができる。そして、今まで自分がされてきたように、家族の罪を引き継ごうとする。しかし、それは叶わない。ケリム以外の家族に社会的に償うべき罪などないし、ケリムが本当に克服せねばならないものはそこにはないからだ。ケリムは夢の中で近所に住む盲目の男から預言を受け、自分がすべきことを知る。無心に石像を彫りあげたケリムは、いつしか村の中で盲目の男のような存在になっていた。”誰にもカインを殺させないように”と神がカインに刻印したように、ケリムはついにケリム自身の罪を受け止め、石像という刻印を自らつくりあげたのだった。

監督独自の視点:サルタナット

『アンダー・ヘヴン』		(C)Film Studio Kyrgyzfilm
『アンダー・ヘヴン』 (C)Film Studio Kyrgyzfilm
父の墓にすがり「愛されたかった」と吐露したり、アマンの行方を訊ねる盲目の男に「俺は弟の番人ではない」と言ったりと、カインとアベルの物語を忠実になぞっている『アンダー・ヘヴン』だが、監督独自の視点というものももちろんたくさん存在している。その最たるものが、兄弟が愛する女性サルタナットだ。

Writer

umisodachi
umisodachi

ホラー以外はなんでも観る分析好きです。元イベントプロデューサー(ミュージカル・美術展など)。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly