Menu
(0)

Search

スティーヴン・セガール主演『沈黙の戦艦』リブート企画が進行中 ─ Netflix『ケイト』脚本家が就任

沈黙の戦艦
© Warner Brothers 写真:ゼータイメージ

スティーヴン・セガールが主演を務めた1992年公開のアクション映画『沈黙の戦艦』を再び映画としてリブートする企画が、米ワーナー・ブラザースで進行していることがわかった。米Deadlineが報じている。

アンドリュー・デイヴィス監督による『沈黙の戦艦』は、元特殊部隊の指揮官の男ケイシー・ライバックが、テロリストにジャックされた米海軍の戦艦の奪還に挑む物語。80年代からアクション俳優として人気を博していたスティーヴン・セガールが主演を務め、1995年には続編『暴走特急』が製作された。

オリジナル版を手掛けたワーナー・ブラザースは、米HBO Maxでの配信公開を目指してリブート企画を進めているとのこと。ケイシー・ライバックを演じたセガールがリブート版に復帰するかどうかは定かでないという。

監督は『KILLERS キラーズ』(2014)や『V/H/S』シリーズのティモ・ジャヤント、脚本は『ケイト』(2021)のウマイール・アリーム。製作には、『死霊館』シリーズや『マリグナント 狂暴な悪夢』(2021)の制作会社Atomic Monsterが務める。

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly