Menu
(0)

Search

水の精・ウンディーネ神話の現代版『水を抱く女』2021年3月26日より日本公開へ ─ クリスティアン・ペッツォルト監督最新作

水を抱く女
© SCHRAMM FILM / LES FILMS DU LOSANGE / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma 2020

『東ベルリンから来た女』(2012)『あの日のように抱きしめて』(2014)などで知られる名匠、クリスティアン・ペッツォルト監督最新作『Undine(原題)』が、邦題『水を抱く女』として2021年3月26日(金)に公開されることが決定した。

第70回ベルリン国際映画祭にて、銀熊賞(最優秀女優賞)と国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞を受賞した本作は、「愛する男に裏切られたとき、その男を殺して水に戻る」という宿命を背負った美しき“水の精・ウンディーネ”の神話を、大胆にも現代に置き換えて映画化した作品。

この魅惑的な神話は、古くから多くのアーティストたちにインスピレーションを与えてきた。アンデルセンは童話『人魚姫』を書き上げ、チャイコフスキーはオペラ、ドビュッシーは楽曲を創作した。またゲーテが「ドイツの真珠」と絶賛したロマン派のフリードリヒ・フーケが発表した傑作小説『ウンディーネ』は、現代でも読み継がれている。近年、再評価されている三島由紀夫の『仮面の告白』にも登場している。

水を抱く女
© SCHRAMM FILM / LES FILMS DU LOSANGE / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma 2020

本作の主人公は、ベルリンの都市開発を研究する歴史家ウンディーネ。彼女はアレクサンダー広場に隣接する小さなアパートで暮らし、博物館でガイドとして働いている。恋人のヨハネスが別の女性に心移りし、悲嘆にくれていたウンディーネの前に、愛情深い潜水作業員のクリストフが現れる。数奇な運命に導かれるように、激しく惹かれ合うふたり。幸せで無垢な新しい愛を大切に育むも、彼女が必死に何かから逃れようとしているような違和感をクリストフが感じとった時、ウンディーネは再び自分の宿命と直面することになる。官能的なバッハの旋律にのせて、繊細に描写されるミステリアスな愛の叙事詩だ。

神秘的なウンディーネを妖艶に演じたのは、フランソワ・オゾン監督『婚約者の友人』(2016)や、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督『ある画家の数奇な運命』(2018)などの注目作に出演している若き実力派パウラ・ベーア。本作でベルリン国際映画祭とヨーロッパ映画賞にて女優賞受賞という快挙を成し遂げた。

心優しい潜水作業員のクリストフ役にはダンサーや振付師としても活躍する、『希望の灯り』(2018)のフランツ・ロゴフスキ。この主演のふたりは、クリスティアン・ペッツォルト監督の前作『未来を乗り換えた男』(2018)でも共演しており、稀有な才能の親密な再タッグが、濃密な映像世界へと観客を誘引する。

『水を抱く女』は、2021年3月26日(金)より新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly