Menu
(0)

Search

米ディズニー、2019年に独自の映像配信サービスを開始 ― 最新映画も配信、Netflixから引き揚げへ

ディズニー

ウォルト・ディズニー・カンパニーは、2019年に自社独自の映像配信サービスを開始することを発表した。同社はストリーミング会社「BAMTech」の技術を駆使して、今後は映像配信分野への事業展開により踏み込んでいく構えだ。
これまでディズニーはBAMTech社の株式を33%保有していたが、このたび15億8,000万ドルを追加投資することで、さらに株式を42%取得することを決定したという。

ディズニーが最初に着手するのは、同社が傘下に収めているスポーツ専門チャンネル「ESPN」のストリーミング・サービスだ。視聴者数の低下によってオンラインへの展開が予想されていたが、その規模は人々の予想をはるかに上回るものとなりそうである。なにせ2018年のサービス開始初年に、テレビ放送よりも1万件以上多くのスポーツ・イベントを配信する見込みだというのだ。

その後、2019年に満を持して始動するのがディズニー独自の映像配信サービスである。
ディズニーやピクサーによる映画作品のほか、ディズニー・チャンネルやディズニージュニア、ディズニーXDといったテレビ番組を配信するだけでなく、サービス開始の初年からトイ・ストーリー4(仮題)』や『アナと雪の女王』続編、そして実写版『ライオン・キング』といった最新作も配信するということだ。さらに、この配信サービスだけで見ることができる映画やドラマ、アニメなどのオリジナル・コンテンツも予定しているという。
ただし現時点では、ルーカスフィルムによる『スター・ウォーズ』シリーズやマーベル・スタジオ作品がどのような扱いになるかは決まっていない。

なおこのサービス開始に伴い、米ディズニーはNetflixとの契約を終了し、現在配信されている作品はすべて引き揚げる方針だ。ただし米Huluとの契約は今後も継続されるようである。

ディズニーCEOのボブ・アイガー氏は、この取り組みを「コンテンツ流通の戦略的転換」だと説明。このサービスはまず米国の家庭を対象にスタートするようだが、反響によってはのちに全世界へと展開される可能性も十分にありそうだ。ディズニーという超巨大企業の参入によって、映像配信サービスにさらなる変革が訪れるかもしれない。

Sources: http://www.hollywoodreporter.com/news/disney-pull-movies-netflix-launch-streaming-service-1027793
https://thewaltdisneycompany.com/walt-disney-company-acquire-majority-ownership-bamtech/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly