Menu
(0)

Search

『キングスマン』監督新作スパイ・アクション、サミュエル・L・ジャクソン&ブライス・ダラス・ハワードが出演へ ─ 記憶喪失の小説家、実はスパイだった

サム・ロックウェル&ブライス・ダラス・ハワード&サミュエル・L・ジャクソン
Photo by Gordon Correll https://www.flickr.com/photos/gdcgraphics/8279227257/ | Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/29233526208/ | THE RIVER | Remixed by THE RIVER

『キングスマン』『キック・アス』シリーズのマシュー・ヴォーン監督による新作映画に、サミュエル・L・ジャクソンをはじめ、『ジュラシック・ワールド』シリーズのブライス・ダラス・ハワード、『スリー・ビルボード』(2017)『ジョジョ・ラビット』(2019)などのサム・ロックウェルが出演することが決定した。

Observerによると、マシュー・ヴォーンが次回作として監督・脚本・製作を兼任している作品は、『キングスマン』につづきスパイ・アクションになるとのことだ。ベストセラー小説家が主人公で、スパイとして世界を股にかけていたものの、記憶喪失によりその背景を忘れてしまったという設定の物語だという。主人公の女性が過去と向き合うことになったとき、その記憶も同時に蘇っていく。

ブライス・ダラス・ハワードは、記憶喪失となり作家として活動することになった主人公役を演じる。記憶が復活するとともに類まれなる戦闘能力を取り戻し、かつて所属していた組織、ディヴィジョンへの復讐の道を歩むことに。どうやら記憶喪失となった背景には所属していた組織の陰謀らしきものがありそうだ。

そんな複雑な背景を持つ主人公の恋の相手となる元ディヴィジョンのエージェントを、サム・ロックウェルが演じる。『キングスマン』(2015)ぶりのマシュー・ヴォーンとのタッグとなるサミュエル・L・ジャクソンは、組織の裏側を暴こうとする悪徳エージェントにふんするという。

Source: Observer

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly