映画『ヴェノム』2018年11月2日(金)日本公開決定! 公開繰り上げで日本上陸、トム・ハーディ主演

マーベル・コミック「スパイダーマン」シリーズのヴィランにして唯一無二のダークヒーロー、ヴェノムを主人公とする映画『ヴェノム』の日本公開日が2018年11月2日(金)に決定した。本作の日本公開は当初12月に予定されていたが、全米公開日である10月5日により近い劇場公開が実現された形だ。


マーベル映画史上最も凶悪なダークヒーロー、そしてスパイダーマンの最大の敵としてマーベル・コミックに登場し、『スパイダーマン3』(2007)でその存在をファンに強烈に印象付けたヴェノム
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)や『ダークナイト ライジング』(2012)、そしてアカデミー賞®助演男優賞にノミネートされた『レヴェナント:蘇えりし者』(2015)などで知られるトム・ハーディが、そのダークな魅力と圧倒的な演技力でこのキャラクターを具現化する。

ヴェノム

©&TM 2018 MARVEL

「俺たちは――ヴェノムだ」
誰もが望む、歴史的偉業を発見した“ライフ財団”。それは、世界を変えるはずだった。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、そのライフ財団が人体実験で死者を出しているという噂を突き止めるために取材を試みるも、人体実験の被験者との接触によって「シンビオート(地球外生命体)」に寄生されてしまう。この意思を持った生命体の声が聞こえ始めたエディの体には、とてつもない変化が起きていた。彼の中で解き放たれた“悪”が、体を蝕み、やがて増殖していく……。

 

トム・ハーディとともに本作を彩るのは、『グレイテスト・ショーマン』(2017)が記憶に新しいミシェル・ウィリアムズ、『ローグ・ワンスター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のリズ・アーメッド。監督は『ゾンビランド』(2009)の俊英ルーベン・フライシャーが務め、脚本は『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)や『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)のスコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナーが執筆した。

映画『ヴェノム』は2018年11月2日(金)より全国ロードショー

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。