Menu
(0)

Search

映画版『ヴェノム』の胸に原作コミックの白いクモのシンボル・マークが無い理由

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

時に液状にも見える黒い身体に、白い大きな目、不気味に生え並んだ牙の上から、大きな舌がダラリと伸び、ヨダレを垂らしている。映画ヴェノムでは、スパイダーマン最大の宿敵として知られるマーベル・コミック屈指のダーク・ヒーローを見事に実写化した。

しかし、原作コミックからわずかにひとつだけ継承できなかったものがある。胸の白いクモのシンボル・マークだ。実写映画版ではクモのマークに代わって白い筋が脈のように這っているが、このデザイン変更にあった理由とは。『ヴェノム』ルーベン・フライシャー監督が米IGNのインタビューに答えている。

「コミックでは、ヴェノムのスーツに白い要素(=クモのシンボル)がありますね。今回のキャラクターはスパイダーマンから派生したわけではないので、クモのマークが胸にあると理屈が通らなくなるからです。

ヴェノム
ludoviς Venom Comiquette [Sideshow] https://www.flickr.com/photos/ludovic_/4426964796

原作コミックにおけるヴェノムは、一度はスパイダーマンに寄生したシンビオートがエディ・ブロックに宿主を変えたことで誕生する。ヴェノムがスパイダーマンに似た見た目と能力を持っているのはそのためだ。サム・ライミ版『スパイダーマン3』(2007)に登場していたヴェノムは、ブラック・スパイダーマンのデザインをそのまま引き継いだテクスチャで、胸には原作コミックのような白いクモのシンボル・マークも見られていた。

ところが本作『ヴェノム』ではスパイダーマンを能力の由来としないため、クモのシンボルを取り入れる理由がなかったというわけである。フライシャー監督は続ける。

「僕たちは、(原作に)できるだけ忠実にしようと心がけました。忠実じゃないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、白い部分はたくさんありますし、独特のパターンを入れたかったんです。真っ黒にしてしまったら、特に夜のシーンなんかでは姿が見えなくなってしまいますから。」

もっとも制作陣は、原作ファンがヴェノムの見た目を長年愛していることも分かっている。「ヴェノムが特徴的な理由は、その見た目でもある。大きくて白い目や歯、長くて赤い舌、それにクモのシンボルですね」と認める監督は、「でも今回はスパイダーマンのシンボルは使えないから、違う形で見た目の特徴を与えたかった」との事情を説明している。「そこで、胸に脈が這うようなデザインにしたらカッコよく見えるんじゃないかという考えになったんです。」

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Source:IGN

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly