ヴィジョン 能力多すぎ!全てを超越したチートキャラ

画像出典:http://marvel.wikia.com/wiki/Vision_(Earth-616)

本名・別名

  • 特になし

天才的頭脳と超人的体を持つ正義のシンセゾイド

ビジョンの能力・特技

  • 天才的人工知能
  • 超人的身体能力
  • 飛行能力
  • 聴力操作
  • 声帯操作
  • 体密度操作
  • スキャン機能
  • ホログラム機能
  • ソーラーエネルギービーム

多っ!!

そうです、ヴィジョンはただのアンドロイドではありません。
かなりチート級の能力を秘めたアンドロイドなのです。

彼が人間離れした知性身体能力を持ち合わせていることは、
想像に難くありません。
その超人的能力で空を飛ぶこともできますが、
それだって驚くには当たらないでしょう。

なんと言っても、アンドロイドですから。

実際はアンドロイドではなく、
機械と生命体両方の特質を備えたシンセゾイドに当たるのですが、
その辺りはややこしいので省略します。

そんな彼の真の脅威、それは多岐にわたる能力・パワーです。

ビジョンのチートすぎる能力とは?

まず、身体能力。
ただ単に運動神経がいいというだけでは済まされません。

彼の体はロボットのような単純な金属の塊ではなく、
人間の細胞と同じように、無数のナノロボットと特殊な人工細胞で構成されています。

このナノロボットは自由に分解可能なため、
どんなに狭い場所であっても移動することができます。
しかも、このナノロボットにはヴィジョンのAIがコピーされていますので、
一つのナノロボットから全く新しい肉体を生成することもできるとのこと。

また、ヴィジョンの人工細胞は肉体の分子の密度を自由に変化させることができます。
つまり、こんなことも可能になるのです。

  • 透明になる
  • 体の重さをなくす
  • 物質を通り抜ける
  • 透ける

vision-powers

画像出典:http://theinsightfulpanda.com/2014/09/09/avengers-2-age-of-ultron-whowhat-is-vision/

彼のおでこには黄色の石が埋めこまれていますが、
これは太陽エネルギーを吸収するソーラー・ジュエルです。
ソーラー・ジュエルから取り込まれたエネルギーは、
そのままヴィジョンのエネルギーとして活用されます。

そのため、ヴィジョンは食事をしなくても活動ができるのです。

植物の光合成にちょっと似ていますが、
エネルギーをジュエルに戻すことで、高温のビームを目から発射できてしまうので
光合成なんて平和なものではありません。

ちなみに、ビームの温度は200℃から16,649℃まで調整可能です。

Vision_solor

画像出典:https://forums.marvelheroes.com/discussion/172004/10-things-you-might-not-have-know-about-vision

その他にも、
聴力操作で常人では聞き取れない小さな音まで聞きわけたり、
声帯操作で声を変えたり、
スキャン機能で生物や物質の情報を取り込んだり、
ホログラムを映し出したり。

visionwearingshirtlol

めずらしく服を着ていると思いきや、
実はホログラムっていうこともよくあります。
画像出典:http://bullyscomics.blogspot.jp/2012/01/more-about-vision-than-you-ever-wanted.html

これだけの桁外れの能力の持ち主である彼が地球侵略をもくろむヴィランではなく、
ヒーローで本当によかったと思います。

ビジョンの生みの親はウルトロン

Marvel-Comics-Ultron-Creates-Vision-1024x704

画像出典:http://www.saberforum.com/index.php?topic=20804.0

アベンジャーズの一員として悪と戦うヴィジョンですが、
生みの親はヒーローではなく、悪名高いアンドロイドのウルトロンです。

打倒アベンジャーズというウルトロンの野望のもとに作られた
アンドロイドを超えるシンセゾイドのヴィジョン。
その人格は、悪の世界に堕ちた元ヒーロー、ワンダーマンが土台となっています。

ヴィランになってしまったとはいえ、ワンダーマンもヒーローです。
アベンジャーズを内部から壊滅させるために送り込まれたヴィジョンは、
ヒーロー達と戦ううちに、正義の心に目覚めます。

悪の道に進むことを拒否したヴィジョンは、
アベンジャーズと共にウルトロンを撃退!
ヒーローとしての資質を認められたヴィジョンは、
アベンジャーズへの入隊を認められることとなったのでした。

Marvel-Avengers-Comics-Vision-Crying

ヒーローとして認められ、
人知れず歓喜の涙を流すヴィジョンさん。
画像出典:https://forums.marvelheroes.com/discussion/19224/vision-talents-and-costumes/p4

奥様は魔女、息子2人もヒーローに

人間性が薄いと思われがちなヴィジョンですが、
スカーレット・ウィッチと恋に落ち、結婚。
奥様の魔法の力で、めでたく双子の息子にも恵まれました。

IMAFATHER

「私が父親…!私が父親に…!」
貴重なテンパる姿を見せるかわいいヴィジョンさん。
画像出典:http://www.comicvine.com/forums/gen-discussion-1/weird-comic-couples-1564578/

結婚当初はなんとも幸せそうなお二人ですが、
奥様が精神的にダウンしてしまったり、
そのはずみで破壊されてしまったり、
魔女と人工生命体の異色カップルはあえなく破局を迎えてしまいます。

また、魔法で生み出された幻の双子も一時期その存在を消してしまうのです。

悲しい結末ではありますが、
ヴィジョンとスカーレット・ウィッチの息子は無事転生し、
ティーンエイジャーが集まったヤングアベンジャーズのヒーローとして活躍中。

ynavngrsprsnts03

画像出典:http://readcomics.org/2008/04/07/other-reviews-of-kick-ass-and-young-avengers/

スピード(右)は叔父であるクイックシルバーの超高速を、
ウィッカン(左)は母であるスカーレット・ウィッチの魔力を受け継いでいるようです。
さらにウィッカンはソーのように雷を操ることもでき、
おそらくヤング・アベンジャーズ最強の能力の持ち主です。

実写映画について

7e4f41b9_av32.xxxlarge_2x

画像出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Vision_(Marvel_Comics)

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)から
アベンジャーズの一員として参戦したヴィジョン。

演じるのは、英国俳優ポール・ベタニーです。
『ダ・ヴィンチ・コード』(2006年)で狂信的な殺人者シラスを演じた他、
最近では『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』(2015年)で
ジョニー・デップ演じるモルデカイの用心棒役としても登場しました。

また、2008年から続く『アイアンマン』シリーズや『アベンジャーズ』(2012年)では
トニー・スタークの私生活からヒーローとしての活動までを幅広く支える
人工知能アシスタントJ.A.R.V.I.S.として声の出演を果たしています。

iron_man_jarvis

画像出典:http://www.themovienetwork.com/article/edwin-jarvis-appear-agent-carter

映画でのヴィジョンは人工細胞の権威であるチョ博士が製造した
人造生命体が肉体として用いられていますが、
意識的な部分はJ.A.R.V.I.S.のAIが元になっています。

ヴィジョン アベンジャーズ

これまでのマーベル作品ではずっと声のみの出演だったポール・ベタニーは、
ようやく生身の体を手に入れたことについて、次のように語ったそうです。

J.A.R.V.I.S.はずっと誤解されていると感じていたんだ。
ヴィジョンを演じることで、
人工知能を取り巻く差別に対抗することができたと思う。
ヴィジョンが肉体を手に入れて人生を楽しんでいる様子を実際に示すことは、
人工知能のコミュニティにとっても重要だった思うよ。

引用元:http://www.usatoday.com/story/life/movies/2015/05/04/paul-bettany-vision-avengers-age-of-ultron/26638897/

ビジョンを演じたポールペタニー

 

画像出典:https://peppersattic.wordpress.com/

ちょっとおちゃめなポール・ベタニーのヴィジョンは、
2016年公開予定の『キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー』でも活躍する予定です。

About the author

THE RIVER編集部が選りすぐりの情報をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ