Menu
(0)

Search

ナタリー・ポートマン『ポップスター』予告編&場面写真、乱射事件の被害者がカリスマ歌手に ─ ジュード・ロウ共演、ナレーションはウィレム・デフォー

ポップスター
© 2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

アカデミー賞女優ナタリー・ポートマンが主演・製作総指揮を務め、世界的アーティストのSiaが主題歌・劇中歌を手がけた映画『ポップスター』が2020年4月3日(金)に公開される。このたび本予告映像と場面写真が到着した。

クラスメイトによる銃乱射事件の被害者となり、死の淵から生還したセレステは、皮肉にも姉のエレノアと作った追悼曲が大ヒットし、敏腕プロデューサーに見初められて一躍スターダムへ。それから18年後、トップスターとなったセレステはスキャンダルで活動を休止していた。再起を賭けたカムバックツアーの初日、ある事件が起こる。それは、過去に彼女が巻き込まれた事件を模倣したとみられる乱射事件だった。蘇るトラウマを抱え、彼女はステージに向かうが……。

ポップスター
© 2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

少女時代の悲劇を乗り越え、華々しくステージで活躍するセレステは、舞台裏ではホテルの廊下に突如倒れ込み、マネージャーは呆れた様子を隠さない。一見きらびやかな大スターであるセレステの実態は、ステージ上の姿とは裏腹に、ドラッグやアルコール、スキャンダルにまみれた不安定なものだった。姉のエレノアに泣きつき、弱音を吐くセレステは、一歩ステージに上がれば満員の観客を興奮と歓喜に包み込み、圧倒的なパフォーマンスを見せる。同時に公開された場面写真には、娘のアルビーの手を取り、神妙な表情で遠くを見つめる親子2人の姿や、セレステを襲った銃乱射事件の発生直前の様子なども捉えられている。

ポップスター
© 2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC
ポップスター
© 2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

主人公セレステ役は、『レオン』(1995)で大ブレイクし、『ブラック・スワン』(2011)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン。セレステをトップスターへと導く敏腕プロデューサー役には、『キャプテン・マーベル』(2019)『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018)などのジュード・ロウ。セレステの幼少期、セレステの娘を1人2役で演じるのは、『トゥモローランド』(2015)のラフィー・キャシディ。セレステの姉エレノア役は、『ゲティ家の身代金』(2018)のステイシー・マーティン。なお、ナレーションを名優ウィレム・デフォーが務める。

ポップスター
© 2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC
ポップスター
© 2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC

主題歌と劇中歌全般を担当するのは、世界的トップアーティストのSia。監督・脚本は『シークレット・オブ・モンスター』(2016)の新鋭ブラディ・コーベットが務め、製作総指揮にはナタリー・ポートマン、ジュード・ロウ、Siaが名を連ねた。

映画『ポップスター』は2020年4月3日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次公開

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly