【朗報】『ソー:ラグナロク』に浅野忠信らウォリアーズ・スリーが再登場する模様

『マイティ・ソー』シリーズ第3作となる『ソー:ラグナロク(原題:Thor Ragnarok)』。ソーとハルクのタッグや、ロキを巻き込んだバトルシーンの噂ばかりが報じられるなか、一部のファンは心中穏やかではなかったはずだ。前作までのソーの仲間たちはどうなのか?と。

ご安心いただきたい。どうやら『ソー:ラグナロク』にも、これまでソーを支えてきたウォリアーズ・スリーが再登場するようだ。浅野忠信ファンにも朗報というべきだろう。

俺たちウォリアーズ・スリー! http://marvel-movies.wikia.com/wiki/Warriors_Three

俺たちウォリアーズ・スリー!http://marvel-movies.wikia.com/wiki/Warriors_Three

俳優陣、オーストラリアに随時集合

『ソー/ラグナロク』の撮影が行われているオーストラリアのゴールドコースト・スタジオには、前作まででウォリアーズ・スリーを演じた俳優たちが集まっているようだ。ヴォルスタッグ役を演じたレイ・スティーブンソンは、『ソー/ラグナロク』の撮影にあたって現地でタトゥー・アートを入れたことがインスタグラムで報告されている。

またホーガン役を演じた浅野忠信は、ゴールドコーストのビーチにいることを自身のインスタグラムにて報告。

Hello Australia😊

浅野忠信さん(@tadanobu_asano)がシェアした投稿 –

また、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でファンドラル役を演じたザッカリー・リーヴァイは、先日のコミコンで『ソー/ラグナロク』の撮影に数日間参加すると話したようだ。ただし、スティーブンソンや浅野とともに現場に入っているかどうかは不明。

その一方で(ウォリアーズ・スリーではないが)ソーの仲間として登場したシフ役のジェイミー・アレクサンダーだけは出演の情報が聞こえてこない。しかし、すでにドラマ『エージェント・オブ・シールド』にもシフ役で出演している以上、ウォリアーズ・スリーが登場して彼女だけが登場しないとは考えづらいだろう。

シフ役、ジェイミー・アレクサンダー。 http://marvel-movies.wikia.com/wiki/Sif

シフ役、ジェイミー・アレクサンダー。

http://marvel-movies.wikia.com/wiki/Sif

ひとまず『ソー/ラグナロク』にも前作までの仲間たちが登場することを喜び、再びイイ味を出してくれることに期待しよう。もっともリーヴァイが「撮影に数日間参加する」と話しているあたり、出番は『ダーク・ワールド』と同じ程度かもしれないが……。

『ソー/ラグナロク』は2017年11月3日全米公開予定

『ソー:ラグナロク』は「かつてないマーベル映画」と監督が明言 ソー&ハルク VS ロキもある?

source: http://www.comicbookmovie.com/thor/thor_ragnarok/it-seems-thor-ragarnok-will-see-the-warriors-three-return-to-a144536

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。