Menu
(0)

Search

『君の名前で僕を呼んで』ルカ・グァダニーノ監督のドラマ「僕らのままで」、スターチャンネルEXにて2021年2月配信 ─ ジャック・ディラン・グレイザー主演

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
Photo by Yannis Drakoulidis © 2020 Wildside Srl - Sky Italia - Small Forward Productions Srl

『君の名前で僕を呼んで』(2016)『サスペリア』(2018)のルカ・グァダニーノ監督が全話を手掛ける初のドラマ「We Are Who We Are(原題)」が、邦題「僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE」として、Amazon Prime Video「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて、2021年2月18(木)より日本独占配信されることが決定した。

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
Photo by Yannis Drakoulidis © 2020 Wildside Srl – Sky Italia – Small Forward Productions Srl

ルカ・グァダニーノが監督・脚本・製作総指揮を務めた全8話構成の本作は、イタリア・ヴェネト州の米軍基地を舞台に、米軍に所属する母、そして母の妻と共に移住してきた14歳の少年・フレイザー、イタリアで同じく両親の影響で長年に渡り暮らしてきた少女・ケイトリン、ふたりを中心に描いた青春物語。新しい環境に馴染もうという気力のないフレイザーが、ケイトリンと出会い、次第に友情を育んでいくが……。

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
Photo by Yannis Drakoulidis © 2020 Wildside Srl – Sky Italia – Small Forward Productions Srl

これまで悩める10代の苦悩と成長に向き合ってきた監督、ルカ・グァダニーノ。少年少女ならではの普遍的な要素を描く本作では、アメリカ人の若者たちの友情や初恋、ジェンダーやアイデンティティの探求、それぞれの登場人物が自分が本当は何者なのかを明らかにすることの複雑さに悩み模索する姿が、イタリアの夢のような景色と共に繊細に捉えられていく。

クリント・イーストウッド特集

2020年のカンヌ国際映画祭・監督週間にも選出されるなど、アメリカでの放送前から期待が集まった本作は、手書き風のタイポグラフィ、 スローモーションやPOVなど挑戦的な場面も多数。2020年代を代表する作品のひとつとなるだろう。

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
Photo by Yannis Drakoulidis © 2020 Wildside Srl – Sky Italia – Small Forward Productions Srl

フレイザーを演じるのは、『イット』『シャザム!』シリーズなど話題作での出演が続く新進気鋭の俳優、ジャック・ディラン・グレイザー。子役の印象が強い彼も17歳を迎え、これまでとは違った大人と子供の中間で揺れ動く10代を見事に演じている。そして、もうひとりの中心人物であるケイトリンには、ジョーダン・クリスティン・シモン。本作が初出演作で、イタリア出身の新人女優だ。若干17歳のふたりが見せる瑞々しい演技に注目だ。

オリジナルスコアを担当するのは、イギリス・ロンドンのアーティスト、デヴ・ ハインズことブラッド・ オレンジ。リズミカルで切ない曲調で、登場人物の心の動きを美しく彩るほか、ジョン・アダムズ、デヴィッド・ボウイ、プリンス、ケンドリック・ラマーなど、様々な歌手の曲を作中で採用。中盤では、ブラッド・ オレンジ自身の曲「Time Will Tell」のMVを作中で主人公たちが再現する場面も登場するなど、トレイ・エドワード・シュルツ監督作『WAVES/ウェイブス』(2019)を彷彿とさせるような音楽性の高さにも注目だ。

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
Photo by Yannis Drakoulidis © 2020 Wildside Srl – Sky Italia – Small Forward Productions Srl

登場人物

フレイザー(ジャック・ディラン・グレイザー)

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
Photo by Yannis Drakoulidis © 2020 Wildside Srl – Sky Italia – Small Forward Productions Srl

主人公。母親の仕事の都合で、アメリカ・ニューヨークからイタリアへ引っ越すことに。最初は周囲と馴染もうとしないが……。

ケイトリン(ジョーダン・クリス・シモン)

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
Photo by Yannis Drakoulidis © 2020 Wildside Srl – Sky Italia – Small Forward Productions Srl

フレイザーがイタリアで出会う少女。父の仕事を手伝ったり男勝りなところがある。

サラ(クロエ・セヴィニー)

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
Photo by Yannis Drakoulidis © 2020 Wildside Srl – Sky Italia – Small Forward Productions Srl

フレイザーの母。軍隊という男社会で戦う強い女性だが、思春期の息子と折り合いが良くないことに心を痛めている。

マギー(アリシー・ブラガ)

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
Photo by Yannis Drakoulidis © 2020 Wildside Srl – Sky Italia – Small Forward Productions Srl

サラと同じ基地で従軍看護師として働く彼女の妻。優しく包容力があり、フレイザーはマギーには心を開いている。

リチャード(キッド・カディ)

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
Photo by Yannis Drakoulidis © 2020 Wildside Srl – Sky Italia – Small Forward Productions Srl

ケイトリンの父。サラたちが務める基地で同じく働く兵士。ケイトリンとは良い関係を築いている。

僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE
Photo by Yannis Drakoulidis © 2020 Wildside Srl – Sky Italia – Small Forward Productions Srl

「僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE」は、Amazon Prime Video「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて、2021年2月18(木)より日本独占配信。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly