人気ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン6、2019年初春にHuluにて独占配信!波乱の展開、さらに深まる

2015年にHuluで配信がスタートされるや、スリリングなストーリー構成と女囚人たちの“格付けバトル”が20~30代の女性を中心に注目を集めた、大人気ドラマシリーズ「ウェントワース女子刑務所」の最新シーズン(シーズン6)が、2019年初春にHuluで独占配信される

ウェントワース女子刑務所

©FremantleMedia Ltd.

「ウェントワース女子刑務所」は、オーストラリアのテレビ界で最も権威あるロギー賞を2015年(最優秀女優賞/ダニエル・コーマック)、2016年(最優秀助演女優賞/セリア・アイルランド)、2018年(最優秀女優賞/パメラ・レイブ、最優秀ドラマシリーズ賞)に受賞、さらにオーストラリアのエミー賞といわれるアステラ賞を2014年、2015年に連続受賞。オーストラリア・アカデミー賞を2015年から3年連続で受賞するという高評価を獲得。また視聴者の人気も厚く、オーストラリアのテレビドラマ史上歴代No.1の視聴率の記録を更新しつづけているほか、世界140ヵ国以上の国と地域で放映・配信されている。

前シーズンとなるシーズン5については、日本のファンの間でも、その衝撃的な展開に感嘆と興奮の声が続出。シーズン6の配信を待ち望む声が高まっているという。

「ウェントワース女子刑務所」は、虐待を続ける夫への殺人未遂容疑でウェントワース女子刑務所へ収監された普通の主婦ビー・スミスが、曲者揃いの檻の中でいかにして生き抜いていくかを描いたシーズン1 に始まり、個性豊かな登場人物が次々に加わって視聴者を釘付けにしてきた。なかでも、シーズン2で新看守長として登場したジョアン・ファーガソンが刑務所内をかき乱していく様は、前述の通りファンを驚かせたシーズン5まで続いている。

 

最新シーズンとなるシーズン6では、短気で口の悪いルビー、バイカーギャングのリタ(リア・パーセル)、マリー(スージー・ポーター)など新しい受刑者が収監され、女たちの争いがさらにに熱を帯び、物語に厚みを加えていくとのこと。波乱の展開が続く「ウェントワース女子刑務所」、まだ見ていない方もぜひチェックしてほしい。

ドラマ「ウェントワース女子刑務所」シーズン6は、2019年初春にHuluにて独占配信

Hulu 公式サイト:https://www.happyon.jp/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。