シビルウォーの告知にスパイダーマンが一切登場しない『大人の事情』が明らかに マーベルvsソニーがモメている?

親愛なる隣人、スパイダーマンは4月29日公開の映画『キャプテン・アメリカ シビルウォー』に登場する事になっているが、これまで公開された予告編やスチール写真にもスパイダーマンの姿は一切ない。
使用権利がソニーからディズニーに引き渡され、マーベル・シネマティック・ユニバースに迎え入れられたスパイダーマンがどのような姿で描かれるのか、世界中のファンが待ち焦がれる中、スパイディが未だに告知に登場しない”大人の事情”が明らかになった。

どうやら、ソニー側がスパイダーマンをシビルウォーの告知に使う事を拒んでいるようだ。WebメディアColliderがシビルウォーの監督、ルッソ兄弟に行ったインタビューで明らかになった。

「(スパイダーマンについて)なぜこんなに秘密主義になっているかというと、我々がキャラクターを使っても、いつも後から契約問題が出てくるからなんですよ。

我々は常に、契約に振り回される危険に晒されているんです。マーベルとソニーの2社間には未だにビミョーな問題があるんですよ。トム・ホーランドをキャスティングするにも、彼をスクリーンテストするにも、監視と機密の元で動かないといけないんです。何故かと言えば、ビジネス的な際どい問題があるからです。」

ディズニー&マーベルとソニーのビジネス的な話し合いがうまく進行していないのかもしれない。
ルッソ兄弟は、シビルウォーが公開2ヶ月前に迫りながらも、未だにスパイダーマンのコスチュームすら一切明かされていない点についてこう語った。

「(スパイダーマンのコスチュームについて)未だにお話することができないのは、キャラクターのプロモーションのレベル、コマーシャルのレベルにおいてマーベルとソニーが解決しなければならない問題が未だに残っているからなんす。ビジネス的に、まだまだ”しこり”が残ってるんですよ。」

シビルウォーでスパイダーマンを演じるトム・ホーランドがアベンジャーズのクインジェット(のセット)に搭乗した写真は既に出回っている。
盗撮系のリーク含め、未だにスパイダーマン姿が漏れていない秘密主義ぶりは相当だ。

トムホーランド

参考:http://epicstream.com/news/The-Insane-Reason-Why-Spider-Man-Was-Banned-in-Captain-America-Civil-War-Trailers

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • @oriver_cinema 2016年2月28日 at 8:15 PM

    シビルウォーの告知にスパイダーマンが一切登場しない『大人の事情』が明らかに マーベルvsソニーがモメている? https://t.co/v4eD3hsWNx #orivercinema

    Reply
  • @takumihurry 2016年3月10日 at 10:46 AM

    シビルウォーの告知にスパイダーマンが一切登場しない『大人の事情』が明らかに マーベルvsソニーがモメている? https://t.co/N6fiBVMj7t

    Reply