【こわい】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のマンティスを好きになりたいから特集してみた

「好きになれるかわからん!」
2017年5月公開予定『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の予告編を見るたびに、強く思います。

誰をって?予告編の端々に登場する、前作にはいなかった触角がある女性キャラクター、「マンティス」さんのことですよ!


#Repost @marvelstudios ・・・ Feels you feeling. #GotGVol2 #pomantis

Pomin8rさん(@pomin8r)がシェアした投稿 –

いやね、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は大好きな映画で、そりゃあその続編は「Vol.2」だろうが「リミックス」だろうが公開までの日取りを指折り数えて楽しみにしてますよ?でもですね、前作のソフトを何十回も見て修行を積んで、今じゃガモーラはおろかネビュラまで「かわいい」と思えるようになった小生をもなお戦慄させるマンティスさん。全身の95%以上が見慣れたアジア系女性なのに、黒目しかない両眼、額に生えている皮膚と同じ色の長い触角。ほんの少しのディテールでここまで違いを生み出す「世界よ、これが不気味の谷だ」と言わんばかりの造形。もちろんジェームズ・ガン監督の恣意的なデザインであることは判っていますが、このままだと小生あまりに苦手すぎて、映画本編を鑑賞中彼女が登場するたびに「うっ」と身構えなければならなくなりそうです。

#Repost @jamesgunn ・・・ New pics from #GotGVol2 up at @usatoday! #drax #mantis #pomantis

Pomin8rさん(@pomin8r)がシェアした投稿 –

それでは映画を楽しむ妨げになりますし、劇中すごく頑張るはずの彼女にも失礼ですので、ここはひとつ特集を組んで、彼女をもう少し深く知れば、この苦手意識も軽減するのではないかと。
そんなわけで今回はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの頼れる新メンバー「マンティス」さんの紹介です。

マンティスのオリジン

Pomin8rさん(@pomin8r)がシェアした投稿 –

マンティスがMarvel Comicsに初めて登場したのは1973年の「The Avengers #112」のこと。ライターのスティーヴ・イングルハートとアーチストのドン・ヘック両氏によって産み出されたキャラクターです。こう見えても(触角が生えてても)一応人間で、ベトナム人とドイツ人のハーフという設定です。

幼いころからクリー星人の聖職者に預けられて育ち、「セレスティアル・マドンナ」になるという宿命を与えられていました。ここでの「セレスティアル・マドンナ」とは、「宇宙の救世主を産む母」という意味です。成長したマンティスは、実地経験を踏むため、記憶を消され、世俗に放り出されます。記憶がないマンティスはベトナムの売春宿(!)で、ウェイトレス兼娼婦(なんてこったい)として働いていたそうです。

そこで出会った酔っ払いが実は身を持ち崩したヒーロー、初代ソーズマンで、彼はマンティスがアイデンティティーを取り戻す手助けをし、ソーズマンがアベンジャーズに復帰するのを契機にチームに加わり、以降、幾多の戦いや冒険に参加しています。

ちなみにここで登場した初代ソーズマンはほどなくして戦死、アベンジャーズの長い歴史の中で初めての殉職者となってしまいました。

マンティスの能力

予告編に登場する実写版マンティスがおそらくそうであるように、彼女は強力なテレパシー能力を持っています。その能力から原作でも参加しているヒーローチームのサポートを担当することが多いですが、戦闘能力もかなりのもので、原作アメコミでは、その卓越した武術でキャプテン・アメリカ(疲れている)をぶっ飛ばしたこともあります。

また優れた感応力から相手の弱点を見破ることにも長け、ソーと同程度の実力者をノックアウトできます。彼女は修行の結果、自らの身体を完全に「コントロール」できるので、回復も自由自在。意識を遊離させて惑星間飛行をすることもでき、その意識を実体化させて戦闘することも可能。前述のテレパシーだけでなく、念動力や発火能力も持つ、いわゆる「全部乗せ」のチートキャラです。実写版ではその能力はかなり制限されて登場することが予想されます。

マンティスの逸話

実写版は初お目見えですので、原作アメコミの話ばかりになりますが、このマンティスは、生みの親であるライターのスティーヴ・イングルハートさんの転職と共に、Marvel、DC、エクリプス、イメージ、4つの出版社を渡り歩いたことがある珍しいキャラクターです。このキャラの権利をイングルハートさんが持っていたためですが、DCに登場したときは「Willow」、エクリプスとイメージのときは「Lorelei」として登場しました。SPAWNのアンジェラ以外にも、こういう経歴を持つキャラがいるのですね、面白いので今度特集してみたいと思います。

また2011年に出版されたアメリカのComic Buyer’s Guideが出したムック「100 sexiest Women in Comics」 (コミックに登場する最もセクシーな女性100人)では、我らがマンティスさんはなんと99位にランクインしております。凄いのか凄くないのかわかりませんね。ちなみに気になる方もおられると思いますので、こちらのランキングでのベスト10は、

  1. レッド・ソニア
  2. デス・オブ・ザ・エンドレス
  3. ジーン・グレイ
  4. ザターナ
  5. エマ・フロスト
  6. ワンダーウーマン
  7. サラ・ペッツィーニ
  8. ヴィーナス
  9. パワーガール
  10. ローグ

と、なっております。知らない名前がちらほら。主に露出によって選ばれた気がしないでもないです。

マンティスを演じる女優

『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー:リミックス』にてマンティス役を担当するのは、カナダ生まれのフランス人女優ポム・クレメンティーフさん。1986年生まれの31歳。幼少時に父親を亡くし、また母親も心の疾患で、彼女自身は叔父夫婦に育てられたそうです。父親以外にも親しい人々を不幸な形で亡くしている方で、若いころは非常に苦労されたことは想像に難くないですが、その抜群の才能から19歳で入学した演技学校で特待生の待遇を得ています。

彼女のフィルモグラフィーは日本でこそハリウッド版『オールドボーイ』(2013)くらいしか知られていませんが、「新人俳優」というわけでは決してなく、フランス映画中心に多くの出演作のあるベテランといっていいキャリアがある俳優さんです。彼女の公式SNS(Instagram)での様子から、このマンティス役を演じることに大きな喜びを感じていることが伝わってきますので、それがマンティスの「魅力」にどうつながるか楽しみです。

最初は冗談で「深く知れば~」みたいなこと書いてみましたが、本当になんだか愛着が湧いてきたから不思議です。このまま、あの触覚が「怒ると増える」みたいなエフェクトさえなければ、ちゃんと応援できる気がしてきました。

皆さんはいかがですか?『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー:リミックス』5月12日(金)公開です。

 

About the author

1977年生まれ。スターウォーズと同い歳。集めまくったアメトイを死んだ時に一緒に燃やすと嫁に宣告され、1日でもいいから奴より長く生きたいと願う今日この頃。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。