Menu
(0)

Search

ミシェル・ウィリアムズ、『ライフ・ゴーズ・オン』ケリー・ライカート監督のA24新作で主演 ─ 展覧会を控えるアーティストを描く

ミシェル・ウィリアムズ&ケリーライカート
Photo by David Shankbone https://www.flickr.com/photos/shankbone/7104571129 | Harald Krichel https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kelly_Reichardt-4454.jpg | Remixed by THE RIVER

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016)などのミシェル・ウィリアムズが、『ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択』(2016)などのケリー・ライカート監督最新作、『Showing Up(原題)』にて主演を務めることが明らかになった。米Deadlineが報じている。

ウィリアムズは、ライカートによる『ウェンディ&ルーシー』(2008)『ミークス・カットオフ』(2010)『ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択』にも出演しており、本作で4回目のタッグとなる。A24による本作は重要な展覧会を控える、ひとりのアーティストの姿を描く物語。展覧会で家族や友人、同僚を案内すると、彼女の混沌とした人生が素晴らしい芸術の源と化していくという筋書きだ。

ライカートと共に脚本を執筆するのは、ジョナサン・レイモンド。製作には、『ブルー・リベンジ』(2013)アニッシュ・サヴジャニ、『この世に私の居場所なんてない』(2017)ヴィンセント・サヴィーノが参加。脚本家および製作陣はいずれも、ライカート監督作品にも多数関わってきた人物たちだ。製作総指揮には、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)スコット・ルーディン、『レディ・バード』(2017)イーライ・ブッシュが起用されている。2021年夏より撮影開始を予定している模様だ。

ちなみに、ウィリアムズは次回作として、『ヴェノム』(2018)続編『Venom: Let There Be Carnage(原題)』が待機中。同作は、2021年6月25日に米国公開を予定している。

Source: Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly