Menu
(0)

Search

『チャーリーとチョコレート工場』再映画化、『パディントン』監督が就任へ!ウィリー・ウォンカのストーリー描く

チャーリーとチョコレート工場
Photo by Sarah Ackerman https://www.flickr.com/photos/sackerman519/9225061852/

ジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督で人気を博した映画『チャーリーとチョコレート工場』(2005)の原作小説が再び映画化される。ただし本作は単なるリメイクやリブートにあらず、原作を基に新たなストーリーを紡ぎ出す“再創造”になるという。

ワーナー・ブラザース製作、映画『ウィリー・ウォンカ(原題:Willy Wonka)』の監督に、『パディントン』シリーズのポール・キングが就任することになりそうだ。米The Hollywood Reporter誌は、ワーナーとポール監督が契約交渉の最終段階にあることを報じている。

パディントン
A STUDIOCANAL RELEASE (C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. PADDINGTON BEARTM, PADDINGTONTM AND PBTM ARE TRADEMARKS OF PADDINGTON AND COMPANY LIMITED www.paddington.com

ウィリー・ウォンカに焦点当てる、新たな『チョコレート工場』

映画『ウィリー・ウォンカ』の原作となるのは、作家として数々の児童文学や小説を発表したロアルド・ダールが1964年に著した『チョコレート工場の秘密(Charlie and the Chocolate Factory)』。1971年に『夢のチョコレート工場』として映画化された際、お菓子工場の経営者であるウィリー・ウォンカを演じたのはジーン・ワイルダー。同作によってウィリー・ウォンカは、米国の文化史に残る有名キャラクターとなった。なお、1967年の続編小説『ガラスのエレベーター 宇宙にとびだす(Charlie and the Great Glass Elevator)』にもウィリー・ウォンカは登場している。

『ウィリー・ウォンカ』の脚本を執筆しているのは、テレビ番組“Saturday Night Live”の製作に携わったのち、ディズニー/ピクサー作品『インサイド・ヘッド』(2015)の脚本にも参加したサイモン・リッチ。プロデュースは『ハリー・ポッター』シリーズを手がけ、『パディントン』シリーズでポール監督とのタッグを経験したデヴィッド・ハイマンが務める。

2016年、デヴィッド氏は米/Filmの取材に対して、『ウィリー・ウォンカ』が過去作品のリメイクにはならないことを明言している。いわく、ウィリー・ウォンカの「オリジン・ストーリーになるかも」ということで、原作の前日譚としての要素をはらんだ作品となる可能性が高そうだ。ただし、現時点でストーリーの詳細は明らかにされていない。

ポール監督による『パディントン』シリーズは、卓越したストーリーテリングと絶妙なユーモア、豊かなキャラクターで観客・批評家からの高い評価を受けており、『パディントン2』(2018)は米国のレビューサイトRotten Tomatoesにて衝撃の「100%フレッシュ」(編注:批評家から否定的なレビューが出なかったことを意味する)を記録。現在最注目のクリエイターとして、『チャーリーとチョコレート工場』にどんなアプローチで挑むのか、その手腕には期待がかかるところだ。

ちなみにワーナー・ブラザースはロアルド・ダール作品の再映画化に意欲的なようで、1983年刊行『魔女がいっぱい(The Witches)』の企画も現在進行している。こちらは『パシフィック・リム』(2013)や『シェイプ・オブ・ウォーター』(3月1日公開)のギレルモ・デル・トロが脚本を執筆し、監督候補には『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズを生んだロバート・ゼメキスの名前が挙がっているという。

Sources: https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/paddington-director-paul-king-talks-willy-wonka-1080166
http://www.slashfilm.com/willy-wonka-movie-update/
Eyecatch Image: Photo by Sarah Ackerman https://www.flickr.com/photos/sackerman519/9225061852/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly