Menu
(0)

Search

【ネタバレ解説】『ウィズアウト・リモース』ラストシーンの意味 ─ 続編『レインボーシックス』への繋がりとは

ウィズアウト・リモース
2021年4月30日(金)よりAmazon Prime Videoで独占配信開始

この記事には、『ウィズアウト・リモース』のネタバレが含まれています。

映画『ウィズアウト・リモース』のラストでは、黒幕だったクレイ国防長官を退治したジョン・ケリーが死を偽装、「ジョン・クラーク」として新たな人生に向かって歩み始める場面でエンドロールを迎える。

この結末には続きがあり、エンドロールの中盤には「その後」の映像が挿入されている。1年後、ワシントン記念塔を眺めるジョンの元に現れた、長官に昇進したリッター。ジョンはそこで、米英をはじめとするNATOの精鋭で構成する「多国籍テロ対策チーム」の設立を提言する。そのチーム名は「レインボー」というのだ。「戻ってこれて嬉しいよ」として、ジョンは再び戦いに戻ることを示唆する。

ここでジョンが言った「レインボー」は、原作小説で『容赦なく』(1993)の続編にあたる『レインボーシックス』(1998)につながるものだ。トム・クランシーによるこの作品は同時にFPSゲームにも発展しており、同名のシリーズが1998年から数作が発表され、今なお人気を博している。最新作には、『レインボーシックス クアランティン』が2021年にリリース予定だ。

『ウィズアウト・リモース』の評判次第では、『レインボーシックス』を題材にした続編もあり得るだろう。実際に2018年時点では、「パラマウント社は『レインボーシックス』と『ウィズアウト・リモース』に基づく2作を企画中」と報じられていたので、『レインボーシックス』計画も初めから織り込み済みだったようだ。

マイケル・B・ジョーダンは直近のインタビューでも「子供の頃はビデオゲームをたくさんやって育った」として、『レインボーシックス』映画化の関心を認めている。一方で、「正直なところ、まだ(続編について)考えていないんです」と慎重な構えを見せているが、その心は、まずは『ウィズアウト・リモース』を独立した作品に仕上げることに集中したかった、ということのようだ。「ケリーが今後どうするのかを皆さんが気にしてくれたら」と、ジョーダンは今後への期待を込めている。

Source:Variety,IGN

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly