Menu
(0)

Search

海外アーティストのライブ楽しめる新映像配信サービス「WOCL」登場、deadmau5、FEVER 333が登場

2020年12月3日追記:
※当初アナウンスされていたLiam Payne (リアム・ペイン)は諸事情につきキャンセルとなった。

日本初の海外アーティストライブや音楽フェスなどのイベントに特化した新しい映像配信サービス「WOCL(ワークロ)」(http://wocl.jp)がオープンした。ポップ、ロックヒップホップ/R&B、エレクトロ等、選りすぐりの海外アーティストの最新ライブや、人気の音楽フェスを特別に編集したアーカイブ映像が配信される。

海外アーティストによるライブ配信は世界中で実施されているが、海外のプラットフォーム上に他言語で掲載される情報、他言語で行うチケット購入や、案内解読、配信環境の違い等から、国内からの視聴参加にハードルがあった。そんな課題に対して「WOCL」は国外を拠点に活動する様々なアーティストのライブやイベント、フェスに特化。チケット購入から視聴まで一貫して行えるプラットフォームとして誕生した。

オープン記念の第一弾として、12月12日(土)にはカナダ出身の“ネズミ”DJ/プロデューサーことdeadmau5、12月13日(日)には2020年2月の来日公演が大きな話題となったスリー・ピース・バンドFEVER 333の最新ライブの配信が決定。さらに、12月18日(金)~20日(日)の3日間には世界最大級のヒップホップフェスティバル「Rolling Loud Miami 2019」公式のオリジナルライブ映像を日本初配信する。

今後は、アーティストライブの生配信も行うほか、ジャズクラシック、カントリー、ワールドミュージックなど、世界中の多彩な音楽ライブやイベントの配信を行っていく予定だという。

「WOCL(ワークロ)」配信イベント

deadmau5(デッドマウス)

配信日時:2020年12月12日(土) START20:00OPEN19:30

公演名:DayoftheDeadMau5

チケット価格:3,000円(税込)

チケット購入URL:https://w.pia.jp/t/deadmau5-pls/

ライブのみどころ

2020年10月29日アトランタ/10月30・31日シカゴで行われたdeadmau5のハロウィン・ドライブインライブの模様をWOCLオリジナル編集で日本独占配信。

アーティストプロフィール

世界最大のダンス・ミュージック・サイトBEATPORTから飛び出した、カナダはトロント出身の“ネズミ”DJ/プロデューサーデッドマウスことジョエル・ジマーマンは今、世界中で最も注目されているエレクトロニック・ミュージック・プロデューサーの1人だ。シングル「ソフィ・ニーズ・ア・ラダー」や「ゴースト・アンド・スタッフ」、「アイ・リメンバー」は全て世界中のチャートの上位にランクインした。JUNOアワードを複数回受賞し、グラミー賞のノミネート経験もあるこの”ネズミDJ“は、第54回グラミー賞にて、グラミー史上初の試みとなったエレクトロニック・ミュージック特集のテレビ放送枠内にてパフォーマンスを行った。

彼の才能が開花し続けるのに比例してファンも急増しており、彼の公式Instagramは250万人以上のファンがいる。この大人気DJはこれまで、ロラパルーザ、アウトサイズ・ランド、ヴァージン・モバイル・フリーフェス、ウルトラ・ミュージック・フェスティバル、エレクトリック・デイジー・カーニヴァルなどの世界中の大規模のフェスでヘッドライナーを務め、かの有名なトロントのロジャーズ・センターやサン・ディエゴのペトコ・パーク、ニューヨーク・シティにあるローズランド・ボールルームやロサンゼルスのパラディアムなどで数夜連続で行ったショーを全てソールド・アウトさせた。デッドマウスは、2012年7月号のローリング・ストーン誌の表紙を堂々と飾った。同誌がEDM(Electronic Dance Music)のアーティストを表紙に起用するのは史上初のこと。常識を覆し、歴史を塗り替え、進化し続けるこのお騒がせネズミDJに要チューーイ!

FEVER 333(フィーバースリー・スリー・スリー)

配信日時:2020年12月13日(日) START19:00OPEN18:30

公演名:VirtualDemonstrations

チケット価格:3,000円(税込)

チケット購入URL:https://w.pia.jp/t/fever333-pls/

ライブの見どころ

2020年10月24日に彼らの地元LAで撮影された最新ライブを国内初配信!!

アーティストプロフィール

元LETLIVE.のフロントマンであるジェイソン・エイロン・バトラーがNight Versesのアリック・インプロタ(Drums)、そして元The Chariotのギタリストであるスティーヴン・ハリソン(Guitar)と共に結成したトリオ・バンド。バンド名の3つの3は、アルファベットのC(CはABCの3番目の文字)を指しており、それぞれのCは、コミュニティー(地域)、チャリティー(慈善)、チェンジ(変化)を意味しており、彼らのアクティヴィティーは原則としてこの3つを基盤にしている。それらの貢献にフォーカスすべく「ウォーク・イン・マイ・シューズ基金」という慈善団体活動も併行して行っている。
1stEP『メイド・アン・アメリカ』を2017年3月にデジタル・リリース。
2018年7月、FUJI ROCK FESTIVAL2017に出演。最終日、日曜日のWHITESTAGEに出演。全くの無名だったにも関わらず多くのオーディエンスの心を鷲づかみにした。

2019年1月、1stFullAlbum『STRENGTH IN NUMB333RS/ストレングス・イン・ナンバーズ』をリリース。
2019年2月の第61回グラミー賞にて「最優秀ロック・パフォーマンス」にノミネート。2019年3月には日本にて初となる単独公演を東京&大阪にて実施。両会場ともSOLDOUTするなど大きな話題となった。
2019年11月に新曲「キングダム」をデジタル・リリース。2020年2月にはcoldrain主催のロック・フェス「BLAREFEST 2020」にて、待望の再来日を果たした。

Rolling Loud Miami 2019

配信日:2020年12月18日(金)19日(土)20日(日)

開始時間:【18日(金)・19日(土)】START20:00OPEN19:30
【20日(日)】START17:00OPEN16:30

公演名:RollingLoudMiami2019

チケット価格:1day3,630円(税込)、3days6,900円(税込)

チケット購入URL:https://w.pia.jp/t/rollingloudmiami-pls/

ライブの見どころ

世界最大級のHIPHOPフェスティバル<RollingLoud>。2019年MiamiのライブをWOCL用に特別編集。各日5時間に凝縮した「いいとこどり」のフェス体験が出来る3日間。

12月18日(金)配信アーティスト:
RAE SREMMURD/Lil Yachty/Trippie Redd/Rick Ross/GoldLink/and more

12月19日(土)配信アーティスト:
TRAVIS SCOTT/21 SAVAGE/Young Thug/Kodak Black/Gunna/and more

12月20日(日)配信アーティスト:
LIL UZI VERT/Tyga/Megan Thee Stalion/Space Jam The Pilot/and more

「WOCL(ワークロ)」サービス概要

開始時期:2020年12月1日(火)

配信形態:課金制ストリーミング配信

価格:各ライブ、イベントのチケット価格に準ずる

対応デバイス:スマートフォン、タブレット、パソコン等

推奨環境:
【スマートフォン、タブレット】
・iOS11.0以降(Safari最新バージョン)
・iPadOS13(Safari最新バージョン)
・AndroidOS5.0以降(GoogleChrome最新バージョン)

【パソコン】
・Windows8.1(最新バージョンのGoogleChrome,Firefox)または
Windows10(最新バージョンのGoogleChrome,Safari,MSEdge,Firefox)・MacOS10.9以上(最新バージョンのGoogleChrome,Safari,Firefox)※いずれかを視聴の際に必ずご用意ください。

動作確認:ライブ配信視聴にお使いのパソコン・スマートフォンをネット環境にてお試しください。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly