Menu
(0)

Search

ライアン・ゴズリング主演『狼男』が始動 ─ ニュースキャスター役、『ナイトクローラー』風の現代版に

ファースト・マン ライアン・ゴズリング デイミアン・チャゼル監督 来日記者会見にて
©THE RIVER

『ラ・ラ・ランド』(2016)『ファースト・マン』(2018)のライアン・ゴズリングを主演に迎え、映画『狼男』(1941)のリメイク企画が始動していることがわかった。米Varietyなどが報じている。

米ユニバーサル・ピクチャーズは、自社の名作モンスター映画をリメイクする取り組みを2017年より開始しており、リー・ワネル監督による『透明人間』は米国で大ヒットを記録。その後、さまざまなフィルムメーカーを起用して、いくつもの企画が進行している。今回の『狼男』もそのうちのひとつだ。

米The Hollywood Reporterによると、リメイク版『狼男』でゴズリングが演じるのは“感染した”ニュースキャスター役。物語の詳細は不明だが、現代を舞台に、ジェイク・ギレンホール主演『ナイトクローラー』(2014)や、シドニー・ルメット監督作品『ネットワーク』(1976)を彷彿とさせる内容だという。ゴズリング自身のアイデアをもとに、脚本は「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」(2013-2019)のローレン・シューカー・ブラム&レベッカ・アンジェロが執筆した。

リメイク版『狼男』の実現に向け、ユニバーサル側は監督候補者との面会を実施しており、「もうすぐ決定が下される可能性がある」とのこと。最有力候補者はいないというが、『サラブレッド』(2017)やヒュー・ジャックマン主演『Bad Education(原題)』のコリー・フィンリーが候補に挙がっているという。

現在ユニバーサルは、ポール・フェイグ監督『ダーク・アーミー(原題)』、デクスター・フレッチャー監督が“ドラキュラ伯爵のしもべ”を描くホラーコメディ『レンフィールド(原題)』、女優・監督のエリザベス・バンクスによる『インビジブル・ウーマン(原題)』、カリン・クサマ監督『ドラキュラ(原題)』などを企画中。現時点で『狼男』は順調に進められているようだが、撮影時期は不明だ。ゴズリングは『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018)のフィル・ロード&クリス・ミラーによる宇宙映画『プロジェクト・ヘイル・メアリー(原題)』も控えており、撮影はそちらが先になるとみられている。

あわせて読みたい

Source: Variety, The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly