Menu
(0)

Search

『キャッシュトラック』ジェイソン・ステイサムが魅力たっぷりにキャラ説明、キャストコメント到着

『キャッシュトラック』
©2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(1998)『スナッチ』(2000)のジェイソン・ステイサムガイ・リッチー監督が再タッグを組んだクライムアクション映画『キャッシュトラック』より、キャストコメントが到着した。主人公のすご腕警備員Hについて、演じるステイサム自ら魅力たっぷりに語ってくれている。

本作でステイサム演じる新人警備員“H”は、異常に高い戦闘スキルを見せ、強盗ですら顔を一目見たらすぐに逃げ出してしまうという、謎の男。その正体はベールに包まれている。Hの上司役を演じたホルト・マッキャラニーは「私が演じたブレットは有能なHを尊敬し、憧れていました。彼が強盗を防いだ時、ブレットはHの戦闘能力だけでなく、 機知に富んだ対応の良さを垣間見ることになります」とミステリアスなHのキャラクターを説明する。「彼はものすごく感銘を受けたと同時に、Hに疑念を抱くようになりました。なんでこんなにも才能に溢れた男が、低賃金の警備会社で働いているんだ?裏に何かあるのでは?と自問自答するようになるのです」 。

一方、H役のステイサムは、秘密を抱える彼の本当の動機が徐々に明らかになっていく本作の脚本に惹きつけられたと話す。「Hはターゲットの本当の姿をとらえるために偽りの自分を演じますが、最終的には誰かに報いを受けさせることになります。彼の抱えるそのリスクがこの物語をさらに劇的なものにしているのです」。

『キャッシュトラック』
©2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

Hは英雄か悪党か。彼への疑念が湧くなか、1億8,000万ドルを狙う強盗計画が進行し、物語は予期せぬ方向に進んでいく。「話が進む中で様々な展開が広がっていき、始まった時には思いもよらなかった展開が待ち受けています」とガイ・リッチー監督自ら太鼓判を押す、そのストーリー展開に期待が高まる。

『キャッシュトラック』
©2021 MIRAMAX DISTRIBUTION SERVICES, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

映画『キャッシュトラック』は2021年10月8日(金)より全国ロードショー。

予告編はこちら

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly