Menu
(0)

Search

『ワンダーウーマン 1984』ダイアナの新スーツ公開 ─ コミックの「ゴールド・アーマー」モチーフか

https://www.instagram.com/p/ByVtL39Bffm/ スクリーンショット

DCコミックス原作映画『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』の米国版ビジュアルが公開され、主人公ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンの新スーツ姿がお披露目となった。

『ワンダーウーマン』(2017)の続編となる『ワンダーウーマン 1984』は、前作から約70年後の1984年を舞台とする物語で、ワンダーウーマン役ガル・ガドットのほか、スティーブ・トレバー役クリス・パインも続投。ただし、いわゆる“続編映画”というよりは、より独立した印象の作品になるとされている。


 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Although all of us at Warner Brothers won’t be seeing you at SDCC – Hall H this year. We are so excited for what’s to come. So until then here’s a little gift from us to you….🙅🏻‍♀️ #WW84

Gal Gadotさん(@gal_gadot)がシェアした投稿 –

このたび、主演のガル・ガドットとパティ・ジェンキンス監督は『ワンダーウーマン 1984』の新ビジュアルをSNSに投稿。ダイアナの新たなスーツは黄金に輝いているように見えるが、これはコミックに登場する「ゴールド・アーマー(ゴールデン・イーグル・アーマー)」がモチーフとみられる。コミックのアーマーは肩から長い翼が生えたデザインで、空を飛ぶことができるもの。今のところ翼らしきものは見えないが…? ワンダーウーマンの「W」を模した、サイケデリックなカラーリングの背景も目を惹く。

今回のビジュアル公開は、“ポップカルチャーの祭典”と称されるサンディエゴ・コミコンにおいて、2019年はワーナー・ブラザースが最大会場(ホールH)でのプレゼンテーションを実施しないことが明かされたため。同イベントでのワーナーのプレゼンは恒例行事となっていたが、今年は規模を小さくしての参加になるとみられる。

なお、パティ・ジェンキンス監督は今回の投稿「公式キャンペーンの開始は(2019年)12月」と記している。したがって、予告映像などの公開は年末までのお預けとなりそうだ。

映画『ワンダーウーマン 1984』(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)は2020年6月5日に米国公開予定

あわせて読みたい

Source: Gal Gadot, Patty Jenkins, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly