Menu
(0)

Search

「クイズ$ミリオネア」米国版、放送終了へ ─ 放送回数約3,000回、20年の歴史に幕降ろす

Who Wants to Be a Millionaire
Photo by Idea SV https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Milonario_El_Salvador.jpg

みのもんたの司会にて日本でも親しまれたクイズ番組「クイズ$ミリオネア」の米国版「Who Wants to Be a Millionaire」が、2019年5月末をもって放送終了となることがわかった。米Varietyが伝えている。

「Who Wants to Be a Millionaire」は、米ABCにて1999年から2002年6月まで製作・放送され、その後、2002年からは番組の放送権を各局が購入する形でシリーズが継続されてきた。20年にわたる歴史において、実に3,000回近い放送回数を誇る長寿番組となっていたのである。日本でも「ファイナルアンサー?」の文句が人気となったように、この番組は米国でも“Is that your final answer?” というフレーズとともに社会現象的人気を獲得。ちなみに米国版の賞金最高額は100万ドルだった。

もともと「Who Wants to Be a Millionaire」のオリジナル版は、1998年にイギリスで放送開始された「Who Wants to Be a Millionaire?」。イギリスでもオリジナルシリーズの放送は2014年に終了していたが、2018年からリバイバルシリーズとして復活している。今後、米国でも新シリーズが再開される可能性もあるだろう。なお「Who Wants to Be a Millionaire?」は、米国版や日本版「クイズ$ミリオネア」をはじめ、100以上の海外版が独自製作され、これまでに約160ヶ国で放送されているという。

ところで映画ファンにとって印象深いのは、インド版「Kaun Banega Crorepati」が劇中に登場した『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)だろう。社会問題と実在する人気クイズ番組、そして映画(原作はヴィカス・スワラップによる小説『ぼくと1ルピーの神様』)が結びついた稀有な例といえる。

米国版「Who Wants to Be a Millionaire」は2019年5月31日(現地時間)をもって放送終了となる。

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly