Menu
(0)

Search

「クイズ$ミリオネア」米国版、放送終了へ ─ 放送回数約3,000回、20年の歴史に幕降ろす

Who Wants to Be a Millionaire
Photo by Idea SV https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Milonario_El_Salvador.jpg

みのもんたの司会にて日本でも親しまれたクイズ番組「クイズ$ミリオネア」の米国版「Who Wants to Be a Millionaire」が、2019年5月末をもって放送終了となることがわかった。米Varietyが伝えている。

「Who Wants to Be a Millionaire」は、米ABCにて1999年から2002年6月まで製作・放送され、その後、2002年からは番組の放送権を各局が購入する形でシリーズが継続されてきた。20年にわたる歴史において、実に3,000回近い放送回数を誇る長寿番組となっていたのである。日本でも「ファイナルアンサー?」の文句が人気となったように、この番組は米国でも“Is that your final answer?” というフレーズとともに社会現象的人気を獲得。ちなみに米国版の賞金最高額は100万ドルだった。

もともと「Who Wants to Be a Millionaire」のオリジナル版は、1998年にイギリスで放送開始された「Who Wants to Be a Millionaire?」。イギリスでもオリジナルシリーズの放送は2014年に終了していたが、2018年からリバイバルシリーズとして復活している。今後、米国でも新シリーズが再開される可能性もあるだろう。なお「Who Wants to Be a Millionaire?」は、米国版や日本版「クイズ$ミリオネア」をはじめ、100以上の海外版が独自製作され、これまでに約160ヶ国で放送されているという。

ところで映画ファンにとって印象深いのは、インド版「Kaun Banega Crorepati」が劇中に登場した『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)だろう。社会問題と実在する人気クイズ番組、そして映画(原作はヴィカス・スワラップによる小説『ぼくと1ルピーの神様』)が結びついた稀有な例といえる。

米国版「Who Wants to Be a Millionaire」は2019年5月31日(現地時間)をもって放送終了となる。

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly