Menu
(0)

Search

ゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』続編でブラッド・ピット&デヴィッド・フィンチャー監督の再タッグが実現か

worldwarz

2013年に公開されたパニック映画『ワールド・ウォーZ』。実はバリバリのゾンビ映画なのだが、この作品でプロデューサーと主演を兼任したのがブラッド・ピットだった。

現在ピットは『ワールド・ウォーZ』続編の準備中で、その監督を意外な人物に依頼しているという。『セブン』などでピットとタッグを組んできた鬼才デヴィッド・フィンチャー監督だ。

苦肉の策?奇跡は起きるか

『ワールド・ウォーZ』の続編は当初2017年6月に公開される予定で準備が進められてきた。しかし、監督を務める予定だったフアン・アントニオ・バヨナが『ジュラシック・ワールド2(仮題)』を撮るためにプロジェクトを離脱。ピットは新たな監督を探していたという。

バラエティ誌によれば、ピットとフィンチャー監督は2週間前に『ワールド・ウォーZ』続編に関する話し合いを行ったようだ。フィンチャー監督は初めプロジェクトに前向きではなかったというが、状況は好転しつつあり、交渉は現在も継続されているという。

『ワールド・ウォーZ』の続編をフィンチャー監督が手がける場合、ピットとは『セブン』『ファイト・クラブ』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に次ぐ4度目のタッグとなる。またフィンチャー監督は現在テレビドラマを多く製作しているため、この企画が実現すれば、監督にとっては2014年の『ゴーン・ガール』以来の映画作品となる見込みだ。

なお、ピットは『ワールド・ウォーZ』続編の撮影を2017年初旬に開始したいと考えているという。かなりスケジュールが迫った状況でのオファーだが、この苦肉の策は奇跡を起こすことになるのだろうか。続報に期待したいところである。

source: http://variety.com/2016/film/news/david-fincher-world-war-z-sequel-brad-pitt-1201819540/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly