Menu
(0)

Search

ゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』続編でブラッド・ピット&デヴィッド・フィンチャー監督の再タッグが実現か

worldwarz

2013年に公開されたパニック映画『ワールド・ウォーZ』。実はバリバリのゾンビ映画なのだが、この作品でプロデューサーと主演を兼任したのがブラッド・ピットだった。

現在ピットは『ワールド・ウォーZ』続編の準備中で、その監督を意外な人物に依頼しているという。『セブン』などでピットとタッグを組んできた鬼才デヴィッド・フィンチャー監督だ。

苦肉の策?奇跡は起きるか

『ワールド・ウォーZ』の続編は当初2017年6月に公開される予定で準備が進められてきた。しかし、監督を務める予定だったフアン・アントニオ・バヨナが『ジュラシック・ワールド2(仮題)』を撮るためにプロジェクトを離脱。ピットは新たな監督を探していたという。

バラエティ誌によれば、ピットとフィンチャー監督は2週間前に『ワールド・ウォーZ』続編に関する話し合いを行ったようだ。フィンチャー監督は初めプロジェクトに前向きではなかったというが、状況は好転しつつあり、交渉は現在も継続されているという。

『ワールド・ウォーZ』の続編をフィンチャー監督が手がける場合、ピットとは『セブン』『ファイト・クラブ』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に次ぐ4度目のタッグとなる。またフィンチャー監督は現在テレビドラマを多く製作しているため、この企画が実現すれば、監督にとっては2014年の『ゴーン・ガール』以来の映画作品となる見込みだ。

なお、ピットは『ワールド・ウォーZ』続編の撮影を2017年初旬に開始したいと考えているという。かなりスケジュールが迫った状況でのオファーだが、この苦肉の策は奇跡を起こすことになるのだろうか。続報に期待したいところである。

source: http://variety.com/2016/film/news/david-fincher-world-war-z-sequel-brad-pitt-1201819540/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly