Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ エピソード4』撮影で使用されたXウイング模型、約3億2000万円で落札

https://twitter.com/propstore_com/status/1539415086946603008

1977年に公開された『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で使用された、反乱同盟軍の戦闘機Xウイングのミニチュアモデルが、海外オークションにて237万5,000ドル(約3億2000万円、1ドル135円換算)で落札された。米The Hollywood Reporterが報じている。

このXウィングは、エピソード4で故ドリュー・ヘンリーが演じた反乱軍のレッドリーダー、ガーベン・ドレイスが乗っていた戦闘機のミニチュアモデルで、ジョージ・ルーカス監督が創設した特殊効果専門スタジオ、インダストリアル・ライト&マジック(ILM)が制作したもの。映画のクライマックスで起きたデス・スターとの戦闘シーンの撮影では、ほとんどのミニチュアモデルが火力により損傷したため、このモデルは非常に貴重だという。

英ロンドンと米ロサンゼルスを拠点とするオークションサイトPropstoreは、このミニチュア・モデルに50~100万ドル(約6800万~約1億3500万円)の値が付くと見積もっていたが、6月21日に予想最高額の6倍もの価格で落札された。

Propstoreで最高執行責任者を務めるブランドン・アリンジャーは「このモデルは劇中でレッドリーダーのエンジンで爆発が起こる、特定の“パイロ”ショットで使用されました」と説明している。このミニチュアモデルの保存状態は極めて良好で、軽量硬質フォームもしっかり残っており、レストアされていないオリジナルの塗装はわずかな剥がれが見られるのみだそうだ。

現代では、映画やドラマの撮影でCGIの使用が当たり前となっている。過去に撮影で使われた昔ながらのミニチュアモデルなどは、ますます価値が高まっていくのではないだろうか。

あわせて読みたい

Source:The Hollywood Reporter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly