映画『グランドフィナーレ』レビュー。「観る」よりも「感じる」作品。

映画『グランドフィナーレ』評価

アルプス山脈がそびえる高級ホテルで休暇を過ごす人物達の心の葛藤を描いた作品だ。

作品内容にしっかりとマッチしていない邦題をつけられているが、音楽に重きを置いた作品では決してない。

人を、人生を描いた作品だ。

引退した音楽家 フレッド(マイケル・ケイン)や映画監督のミック(ハーヴェイ・カイテル)俳優のジミー(ポール・ダノ)など、出てくる人物達は皆現実離れしている。
そもそもこんな高級ホテルにいる時点でぼくらとは別次元の存在だ。

だが、それでも観ていられる。
むしろ引き込まれる。

それは彼らが皆何かしらの問題を抱えている人間だからだ。

深く焦点が当たらない名も知れぬ人物達にさえ、何かしらのエピソードを感じ取ることができた。

パオロ・ソレンティーノ監督の前作「グレート・ビューティー 追憶のローマ」もそうであったように、まるで絵画を観ていたような 美術館で2時間過ごしていたような気分になれる作品だった。

映し出されるアルプスの景色
異世界のような高級ホテル
ファンタジーのような映像表現
トリップしてしまいそうな音楽の数々

そのどれもが魅力的だった。

登場人物達は何を求めてこのホテルに宿泊しているのだろうか。

各々が抱える問題の答えを得るため
その答えを探る険しい道から逃避するため

きっと人によって答えは違う。

そして思った。
彼らの休暇の使い方は、ぼくらが過ごす休暇と変わらない。

休日、ぼくらは日頃溜め込んだストレスを発散するため 好きなことに打ち込むだろう。
そうやって日常との折り合いをつけながら生きているはずだ。

人によっては、日頃しっかりと向き合うことができない大事なことに時間を費やしもするだろう。

何が言いたいかって
どんなに無縁な高級ホテルであろうとも、彼らがあそこに訪れて何を想うのか
それは理解できる範疇の出来事だということだ。
ぼくらと変わらぬ人間だということだ。

抱えているものに差異があろうとも、根底にあるのは人生を生きていく上での葛藤。

だからこそ、ぼくらは彼らを理解し 寄り添ってストーリーを追っていくことができる。

 

幻想的でありつつも、リアリスティックな人生描写

登場人物達のやりとりはもちろんのこと、その映像に説得力が満ち溢れていた。

美術館で絵を眺め たくさんの想いを巡らせるあの感覚。
映画でこれを体感できる作品はそう多くはないと思います。
まさに「観る」よりも「感じる」作品。

個人的には「グレート・ビューティー 追憶のローマ」の方が深く響くものでしたが、今作も素晴らしいものでした。

ぜひ劇場でご覧ください。

 

 

6.4
総合評価:A

グランドフィナーレ

原題 Youth
製作年 2015年
製作国 イタリア フランス スイス イギリス
配給 ギャガ
上映時間 124分

青春
8
2
エロ
6
サスペンス
8
ファンタジー
8

About the author

映画アドバイザー 元俳優 ライター 映画イベントMC。Instagramを中心に最新映画から懐かしの映画まで幅広く紹介。「ファイトクラブ」 「GO」「男はつらいよ」がバイブル。好きな監督はウディ・アレン。お仕事のご依頼はa.safety.pin.storm@gmail.comまでお願い致します。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • oriver_cinema (@oriver_cinema) 2016年4月23日 at 1:06 PM

    映画『グランドフィナーレ』レビュー。「観る」よりも「感じる」作品。 https://t.co/mi0FlRxSC4

    Reply
  • @Cinema_News24 2016年4月23日 at 1:39 PM

    映画『グランドフィナーレ』レビュー。「観る」よりも「感じる」作品。 – ORIVER cinema (ブログ) https://t.co/s9Mb1iZU5R

    Reply
  • ミヤザキタケル (@takeru0720) 2016年4月23日 at 5:29 PM

    映画『グランドフィナーレ』レビュー。「観る」よりも「感じる」作品。 | oriver.cinema https://t.co/LYFIz8EKTl

    Reply
  • oriver_cinema (@oriver_cinema) 2016年4月24日 at 10:10 PM

    映画『 #グランドフィナーレ 』レビュー。「観る」よりも「感じる」作品。まるで絵画を観ていたような 美術館で2時間過ごしていたような気分になれる作品だった。
    映画でこれを体感できる作品はそう多くはないと思います。
    https://t.co/mi0FlRxSC4

    Reply
  • @nao_kings 2016年4月26日 at 10:09 PM

    映画『グランドフィナーレ』レビュー。「観る」よりも「感じる」作品。 | oriver.cinema https://t.co/JHPqx4UC9m

    Reply